INTRODUCTION

アートがない世界よりも、
アートがある世界の方がワンダフルでハートフル!

この番組は「世界はアートに満ちている。」をテーマに
アートの世界を様々な視点から紹介し、
その多種多様な楽しみ方も合わせてお伝えする!
ナレーションは、人気女優・松本穂香。

ナレーション 松本穂香

ナレーション
松本穂香

NEXT

BACK NUMBER

main_01
main_02
main_03

#7 / 2021.08.21

「アート夏期講習」と題し、京都を舞台に日本画の世界を覗いていきながら、日本画入門編として疑問をぶつけていく。一緒に疑問を紐解いていくのは、和田彩花。京都の日本画のルーツを学ぶため、京都文化博物館や福田美術館へ、江戸時代のスターたちの絵を観に行く。そして京都の街に今も残る、日本画家たちのアートを観に歴史ある扇子店の宮脇賣扇庵に訪れたり、竹内栖鳳の作品を観に弘源寺に行き、なぜ画家たちはお寺などに絵を描くのかなどを教わる。

出演者

和田彩花

#8 / 2021.08.28

今回の「アート夏期講習」後編では、戦争画の疑問を和田彩花とともに紐解いていく。戦地へ赴き戦争画を残した川端龍子の記念館を訪れ、実際に川端龍子の作品を観て、戦時中に描いた画家たちの思いを感じる。続いては、京都文化博物館へ。幻の画家と言われてきた小早川秋聲の唯一知られた戦争画「國之楯」を、番組のために特別に開封していただき、作品を観ながら歴史を学んでいく。戦後、戦争画を取り扱うこと自体が日本美術界のタブーとされていた、そんな歴史に翻弄された絵画の世界を覗いていく。

出演者

和田彩花

main_01
main_02
main_03

#5 / 2021.07.17

7月17日、24日の放送は「アートフルトウキョウ」と題して、街の中のアートを観に行く。変わり続ける東京の街並みの中で、ひっそりと佇んでいるアート作品。誰でもいつでも見ることができるこれらの作品はパブリックアートと呼ばれ、都市の重要な役割を担っている。
今回アートの冒険に出かけるのは、女優の若月佑美。開幕したばかりの『パビリオン・トウキョウ2021』の中から、会田誠作「東京城」を観に行く。次に向かうのは、東京駅近くにある「丸の内ストリートギャラリー」。オフィス街を一変させたパブリックアートの歴史とは?

出演者

若月佑美

#6 / 2021.07.24

7月17日、24日の放送は「アートフルトウキョウ」と題して、街の中のアートを観に行く。先週の放送では7月から開催されている「パビリオン・トウキョウ2021」や、「丸の内ストリートギャラリー」を観にいき、今まで気がつかなかった街の表情を知った。
今回は、銀座の数寄屋橋公園にある日本を代表する芸術家・岡本太郎の「若い時計台」を訪れる。案内してくれるのは、美術史家であり美術評論家の山下裕二。続いて、100点以上のアート作品が立ち並ぶファーレ立川へ。地元のボランティアスタッフで構成されたファーレ倶楽部の方達に案内され、若月佑美が街中にある様々なアート作品に触れ、意外な場所にあるアート作品に驚く。

出演者

若月佑美

main_01
main_02
main_03

#3 / 2021.06.19

6月19日、26日で特集するのは「フィギュアはアートなのか?」。長年言われ続けている「フィギュア」は「アート」なのか?「トイ」なのか?論争を専門家のインタビューで読み解いたり、「フィギュア」と「90年代裏原ファッション」の結びつきや、裏原文化に影響を受けた現代アーティストKAWSの原点を辿る。今回は、モデルとしても活躍する女優の玉城ティナとフィギュア&アートの歴史を巡り、さらにKAWSの作品を実際に所有しているアートコレクターの事務所にも訪問。

出演者

玉城ティナ

#4 / 2021.06.26

6月19日、26日で特集するのは「フィギュアはアートなのか?」。先週の放送では、モデルとしても活躍する女優の玉城ティナと、KAWSのフィギュアを販売しているお店や実際にKAWSのフィギュアを所有している方の元を訪れ、KAWS作品の魅力を学んだ。
先週に引き続き、今回も玉城ティナと歴史的背景を踏まえて、なぜKAWSの作品が今、アート系フィギュアとして世間から高い評価を受け、求められているのかその時代の流れに迫る。また、オリジナルアートフィギュアを制作するINSTINCTOYの代表 大久保博人や、INSTINCTOYと共にフィギュア制作をしている今、注目の美術家 上野陽介にも話を聞く。

出演者

玉城ティナ

main_01
main_02
main_03

#1 / 2021.05.22

5月22日、29日で特集するのは、「アートオークション」の世界。実は近年、若者を中心にオークションの参加者が増え続けている。アート購入に注目が集まり、盛り上がりを見せているのはなぜなのか。世界的な老舗オークション会社「フィリップス・オークショニアズ」日本代表の服部今日子が、オークションの歴史や魅力を語る。
そして、実際に元アンジュルムの和田彩花が今話題のSBIアートオークションに初挑戦!初心者でも楽しめるよう、参加方法や特徴なども分かりやすく解説する。
さらに、オークションで落札したアート作品を飾っているお宅を訪問し、初めてのオークションに参加した際の雰囲気や作品を購入しようと思ったきっかけ、アートのある生活をし始めたらどんな変化が訪れたかなどを伺う。

出演者

和田彩花

#2 / 2021.05.29

5月22日、29日で特集するのは「アートオークション」の世界。先週の放送では元アンジュルムの和田彩花と一緒にアートコレクターの桶田夫妻の自宅を訪問したり、アートオークションの下見会に参加したりと、これまで美術館で作品を鑑賞していた和田が、作品を所有する楽しみを体験。
今回は、実際に今話題のSBIアートオークションに初参加!作品が売買される生々しい現場を体験。初心者でも楽しめるよう、参加方法や特徴なども分かりやすく解説する。世界的な老舗オークション会社「フィリップス・オークショニアズ」日本代表の服部今日子が、オークションの歴史や魅力を語る。

出演者

和田彩花