番組情報
『鬼平犯科帳 第8シリーズ』
第4話「はぐれ鳥」
『鬼平犯科帳 第8シリーズ』

写真はありません

ドラマ
字幕放送
毎週月曜日 19:00~19:55

みどころ

【今回の放送日時】 2015年7月 6日(月)19:00~19:55

  京の公家にも商品を収める老舗の小間物屋「丁字屋」に盗賊十余人が押し込み、主人から奉公人までを殺して九百八十両を奪ってから十ケ月たった。捜査が進まないなかで、平蔵(中村吉右衛門)が望みをかけたのは、重傷を負いながらただ一人生き残った奉公人の善太郎(小久保丈二)がいたことだ。 平蔵は時々、静養する善太郎を見舞い、事件当夜のことを聞いた。一つだけ手がかりとなったのは、賊の一人が棚にあった高級な白扇を懐に入れたこと,その時の様子が変だったのを覚えていることだった。 同心の木村忠吾(尾美としのり)は相変わらず剣術の稽古をさぼって茶屋に通っていた。そこに意外な収穫があった。馴染みの女・お照(竹内都子)を途中から呼ぶ客がいて腹を立てたのだが、その客は女だった。女が女を買う。興味を持った忠吾は、その客・津山薫(毬谷友子)を尾行した。夜道で忠吾は薫にからんだが相手は強い。ついに顔に白い扇を当てられて倒れた。その隙に薫は楽々と逃げてしまった。忠吾は、その白扇を持ち帰り平蔵に見せると、何とそれは、小間物屋から盗まれたものだった・・・。    


番組概要

 中村吉右衛門の当たり役として、平成元年から放送をし、好評を得てきた『鬼平犯科帳』。大好評で放送してきた第1~第7シリーズに引き続いて、第8シリーズ(全7話)をお届け。

キャスト

長谷川平蔵:中村 吉右衛門
小林金弥:中村 歌昇 
木村忠吾:尾美 としのり
村松忠之進:沼田 爆
沢田小平次:真田 健一郎
竹内孫四郎:中村 吉三郎
三井忠次郎:中村 吉之助
山崎国之進:中村 吉次
おまさ:梶 芽衣子
小房の粂八:蟹江 敬三
相模の彦十:江戸家 猫八
おとき:江戸家まねき猫
津山薫:毬谷 友子
吉見丈一郎:羽場 裕 
一棚釜重四郎:伊藤 敏八
坂口軍蔵:門田 俊         
朗読:中西 龍 仁内 建之
ほか

スタッフ

原 作 :池波正太郎(文芸春秋刊)
企 画 :市川久夫
プロデューサー:能村庸一、武田功、西渕憲司
音 楽 :津島利章
脚 本 :野上龍雄
監 督 :小野田 嘉幹
制 作 :フジテレビ 松竹株式会社
制作協力 :京都映画株式会社

表示マーク
マークについて:字幕放送、二ヶ国語放送、5.1ステレオ放送、データ放送、3D放送

表示マーク
マークについて:字幕放送、二ヶ国語放送、5.1ステレオ放送、データ放送、3D放送

文字サイズ変更 文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大