番組情報
時代劇『鬼平犯科帳』第3シリーズ
第8話「妙義の団右衛門」
時代劇『鬼平犯科帳』第3シリーズ

写真はありません

ドラマ

毎週月曜日 19:00~19:55

みどころ

【今回の放送日時】 2014年12月 1日(月)19:00~19:55

 上州から信州を拠点とする老盗賊、妙義の団右衛門(財津一郎)が江戸に出てくる。長谷川平蔵(中村吉右衛門)の顔を知る団右衛門は、町で平蔵とすれ違う。団右衛門は「あいつのせいで仲間が獄門になった。鬼平を一泡ふかせてやる」とうそぶく。

 そして団右衛門は、元盗賊で今は平蔵の密偵をしている高萩の捨五郎(菅原謙次)と出会う。そうと知らない団右衛門は、捨五郎に盗みの助っ人を頼む。団右衛門は、敵の動きを探るため、役宅に手の者を飯炊き男として入れてあるという。足が不自由な捨五郎だが、団右衛門の依頼を受け、平蔵に報告する。役宅に住み込んだ男は、竹造(うえだ峻)だった。

 団右衛門は大の女好き。今回の滞在中も、手下の伝吉(江藤漢)が世話した水茶屋の女おやえ(谷口友香)に入れ込んでいた。平蔵は、捨五郎が団右衛門と会う料理屋に向かい、団右衛門の顔を見届ける。そして、団右衛門の盗人宿も配下が突き止める。しかし、団右衛門も捨五郎に尾行をつけていた。

 団右衛門が目当ての問屋に押し込む日が決まったと、捨五郎から報告が入る。だが、捨五郎の動きを竹造が察する。それを知った団右衛門は、あっさりと江戸での盗みを諦める。そして、捨五郎を宿におびきよせる。

 押し込みの日、平蔵の配下が問屋を囲むが動きはない。焦った平蔵が盗人宿に急ぐと、そこにはずたずたに斬られた捨五郎がいた…。




番組概要

  中村吉右衛門の当たり役として、平成元年から平成10年までの10年間で133本放送し好評を得てきた『鬼平犯科帳』。今回は第3シリーズをお届けする。

 いつの世にも悪は絶えない。徳川幕府は火付盗賊改方という特別警察を設けていた。凶悪な賊の群れを容赦なく取り締まる為である。独自の機動性を与えられたこの火付盗賊改方の長官こそ長谷川平蔵。人呼んで鬼の平蔵である。その平蔵の活躍を描いた人気時代劇!(全18話)


キャスト

長谷川平蔵:中村吉右衛門

天野甚造:御木本伸介

沢田小平次:真田健一郎

松永彌四郎:宮川不二夫

山田市太郎:三ツ矢真之

竹内孫四郎:中村吉三郎

山崎国之進:中村吉次

おとき:江戸家まねき猫

高萩の捨五郎:菅原謙次

妙義の団右衛門:財津一郎

ナレーター:中西龍

ほか

スタッフ

原作:池波正太郎(文芸春秋刊)

企画:市川久夫、鈴木哲夫

プロデューサー:能村庸一、佐生哲雄

音楽:津島利章

脚本:谷口喜羊司

監督:高瀬昌宏

制作:フジテレビ/松竹株式会社

制作協力:京都映画株式会社


☆今週の鬼平犯科帳ラインナップ☆

12月1日(月)17:00~19:00「鬼平犯科帳スペシャル~雲竜剣~」
12月1日(月)19:00~19:55「鬼平犯科帳第3シリーズ」第8話 妙義の団右衛門
12月3日(水)18:30~20:00「鬼平犯科帳スペシャル~迷路~」
12月7日(日)17:00~18:55「劇場版 鬼平犯科帳」
12月7日(日)21:30~23:15「鬼平外伝~夜兎の角右衛門~」


表示マーク
マークについて:字幕放送、二ヶ国語放送、5.1ステレオ放送、データ放送、3D放送

表示マーク
マークについて:字幕放送、二ヶ国語放送、5.1ステレオ放送、データ放送、3D放送

文字サイズ変更 文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大