放送時間
 2001年の放送開始から、ハイビジョン撮影によるヨーロッパ各地の風景を、鉄道を通して心地良い音楽と共に紹介してきた人気番組『欧州鉄道の旅』が、放送回数111回目となる【英国アイルランド編】の新作より、現在の伊川東吾さんからナレーションが初交代する。番組のエスコート役に抜擢されたのは俳優の長谷川初範さん!美しい風景と音楽とともに、長谷川さんのナレーションがヨーロッパの鉄道の旅を盛り上げる!

 レギュラー番組でのナレーションに初挑戦する長谷川さんは、『欧州鉄道の旅』エスコート役の出演が決まったことへの喜びを語ってくれた。

 「去年、5年かけたドキュメンタリー映画のナレーションをやらせていただきました。それまでは全然やったことがないんですよね。なので、レギュラー番組のナレーションというのはこれが初めてになります。20歳くらいから、FMラジオでやっていた『ジェットストリーム』が大好きで、ああいうDJをやってみたいなと若いときから思っていました。『欧州鉄道の旅』のようなきれいな音楽や風景の中で声を出せるというのは気持ちがよかったですね」
 さらに、ヨーロッパへの旅については「今回ナレーションをしたイギリスには行ったことがないのですが、映像を見ていたら行きたくなりました。他にはイタリアとかフランス、スペインなどは仕事の取材などで行きました。仕事で海外に行かせていただくときは、どんどん行くようにしています。仕事で行けるときはチャンスをいかしてロケに参加したいです」と話した。
 
<長谷川初範・プロフィール>
 1955年北海道生まれ。日本映画二期生。同校演劇科在籍時の77年、今村昌平制作の舞台「ええじゃないか」で初舞台を踏む。「飢餓海峡」(78年、フジテレビ)で若山富三郎の部下役でドラマ初出演を果たし、91年には大ヒットドラマ「101回目のプロポーズ」(フジテレビ)で主人公の恋敵役を演じ一躍脚光を浴びる。他にも「純情きらり」(06年、NHK)といったドラマや、舞台「双頭の鷲」(07、08年、美輪明宏主演・演出)など活躍を続けている
。  2011年春には主演映画「TAKAMINE〜アメリカに桜を咲かせた男〜」の公開を控えている。化学者でありながら、日露戦争の終結やワシントンへの桜の植樹などに尽力した化学者・高峰譲吉を演じている。また初主演を果たした映画「いのちの山河」(09年)はロングランの好評を集めている。