放送時間
 
ヨーロッパの“走る貴婦人”「ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス」をはじめ、アジア・南米と世界各国の絶景を走る憧れの豪華列車「オリエント急行」をフィーチャーした豪華6枚組のBlu-ray BOX!!
■発売日:2014年 5月 28日(水)
ヨーロッパの鉄道は、国境を越えると車掌が変わり言葉も変わる。
駅舎の荘厳なたたずまい、異国情緒が漂う車内のコンパートメント、乗り合わせた人々との交流……。
そんな風景を旅行者の目線でゆったりと映し出した映像は、あたかも鉄道の旅を体験しているかのよう。

本商品には、世界各国の絶景を走る豪華列車「オリエント急行」の全6路線を完全収録!
車内の設備・車窓風景はもちろん、オリエント急行が駆け抜ける世界各地のガイドも含め、豪華列車の旅を存分に堪能できます。
(※本編内では一部列車が旧名称になっておりますが、放送当時の名称に基づき収録しております。ご了承下さい)

■Disc1. イースタン&オリエンタル・エクスプレス
タイのバンコクからシンガポールを結ぶ、アジアのオリエント急行。
エキサイティングで豪華でありながら、洗練された豪華列車の旅。(2011年8月O.A.)

■Disc2. ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス
「動く宮殿」「走る貴婦人」など世界中から最高の賛辞がよせられ、時を超えて走り続ける豪華列車。
ヨーロッパ6ヵ国を巡る旅。(2011年10月O.A.)

■Disc3. ベルモンド・ノーザン・ベル
英国を走るオリエント急行。まるでアンティークのような豪華列車で各所を訪れる。
北の麗人ノーザン・ベルで行く優雅な日帰り旅行。(2011年11月O.A.)

■Disc4. ベルモンド・ブリティッシュ・プルマン
ロンドンからキングスコートまで、ケント&イースト・サセックス鉄道&ブルーベル鉄道という2つの保存鉄道を乗り継いでゆく、英国の鉄道遺産を堪能する旅。(2011年11月O.A.)

■Disc5. ベルモンド・ハイラム・ビンガム
南アメリカ・アンデスの高地を走る豪華列車。列車の名前にもなっているハイラム・ビンガムが1911年に発見したマチュピチュ遺跡など、世界遺産の絶景とインカ文明の謎を巡る旅。(2011年11月、12月O.A.)

■Disc6. ベルモンド・ロイヤル・スコッツマン
スコットランドの絶景を駆ける豪華列車。豪華ホテルのようなサービス、キッチンでの調理風景、フォーマルな装いで頂く料理の数々、スチュワードやスタッフ達のきめ細かいもてなし、そして車窓からの雄大な風景など…日本初公開映像も多数収録。(2013年7月O.A.)
※本Discは、3月26日発売のBlu-ray「欧州鉄道の旅 ザ・ロイヤル・スコッツマン」(VPXF-71297)と同内容のディスクとなっております。




車窓から臨むヨーロッパの雄大な風景と、そこに流れる優雅な大人の時間…
BSフジの人気紀行番組『欧州鉄道の旅』、ファン待望のBlu-ray化!
憧れの豪華列車「オリエント・エクスプレス」をフィーチャーしたBlu-ray BOXから、
日本初公開映像を含めた人気路線の「ザ・ロイヤル・スコッツマン」を先行発売!


■発売日:2014年 3月 26日(水)
ヨーロッパの鉄道は、国境を越えると車掌が変わり言葉も変わる。
駅舎の荘厳なたたずまい、異国情緒が漂う車内のコンパートメント、乗り合わせた人々との交流……。そんな風景を旅行者の目線でゆったりと映し出した映像は、あたかも鉄道の旅を体験しているかのよう。
ヨーロッパ鉄道の風景を、その土地の音楽とともに全編ハイビジョン映像でお届けします。

今作では、豪華列車「オリエント急行」の中から、スコットランドの絶景を走る「ザ・ロイヤル・スコッツマン」を特集。
豪華ホテルのようなサービス、キッチンでの調理風景、フォーマルな装いで頂く料理の数々、スチュワードやスタッフ達のきめ細かいもてなし、そして車窓からの雄大な風景など…日本初公開映像も含め、豪華列車「ザ・ロイヤル・スコッツマン」内の全てをお届け!




■2012年8月3日(水) 22:00〜22:55(前編)
■2012年8月10日(水) 22:00〜22:55(後編)

 『欧州鉄道の旅』特別編として、アジアを走るイースタン&オリエンタル・エクスプレスを2回にわたって特集。タイを出発し、マレーシアのペナン島を経由、首都クアラルンプールを通りシンガポールまで、運行距離2038キロ、3泊4日の豪華列車の旅。
 オープンエアの展望車では、アジアの風を肌で感じることができ、レストラン・カーでは、洗練された料理に舌鼓。さらにバー・カーでは、生演奏とカクテルを楽しみながら極上のひとときを体験できる。広大なアジア大陸を行く、動く宮殿の旅をたっぷりとお届けする。





■2012年3月6日(日)17:00〜18:55 放送

 かつて多くの王侯貴族に愛された1世紀前の豪華な内装の列車、そして、最高のもてなしの技がそこにはある。今回の『欧州鉄道の旅』は、時間を拡大した2時間スペシャルで、ベル・エポック、よき時代へと誘います。
 今回は「動く宮殿」「走る貴婦人」など世界中から最高の賛辞がよせられ、時を超えて走り続ける豪華列車、ヴェネチア・シンプロン・オリエント・エクスプレス、通称、“VSOE”を紹介する。
 旅のコースは、1920年にロンドンからトルコのイスタンブールを結んでいたシンプロン・オリエント・エクスプレスを受け継いでいる。列車の名も、アルプスを貫く、当時世界最長のシンプロン・トンネルを経由していたことに由来している。
 イギリスのロンドンを出発し、まずはドーバー海峡の町・フォークストンを目指す。専用バスでドーバー海峡を渡った先は、フランスのカレー・ヴィル。ここで車輌を乗り換えて東へと走る。花の都・パリ、そしてオーストリアのインスブルックを経て、終着点・イタリアのヴェネチアへ。距離にしておよそ 1750km。1泊2日、28時間をかけて、ヨーロッパ6ヵ国を巡る。