次回放送:2023年9月30日(土) 13:00~
※10月2日(月)~ 【毎週(月)24:30~25:00】にお引越し!
第119回 (再)
JR東日本651系電車~特急電車の新時代を切り拓け~
slider_image1
slider_image2
slider_image3
東京から千葉県北西部を経由して、茨城県の水戸や日立・福島県のいわきなどを通って宮城へ至るJR常磐線。その常磐線を走る特急が「ひたち」である。「ひたち」は昭和44年の誕生以来、常に常磐線のエース特急だったが、国鉄時代末期には、初期に作られた485系電車が多く使用されていた。
しかし、国鉄民営化後は全国で同じ種類の車両を運用する「標準化」がなくなるということで、JR東日本はいち早く「地域密着型の特急電車」の投入を決定。それが常磐線に特化した、新しい特急電車・651系であった。
「スーパーひたち」の愛称でさっそうと登場した651系電車は、近代的設備や未来的なデザインで人気を博し常磐線の主役の座に君臨。651系は、国鉄民営化後の新時代における特急電車のニュースタンダードとなった電車であった。

BACK NUMBER
これまでの放送はこちらから
LINK