城南海 with 1966カルテット クラシカルコンサート 2021

今年も開催決定!
城南海 with 1966カルテット クラシカルコンサート!
今年は城南海と1966カルテットのルーツとなる音楽をお届け!

NEWS

2021.06.02 2021年コンサートの情報を公開しました。 2020.07.16 プレイガイドを公開しました。
2020.06.25 HPを公開しました。

チケット料金

全席指定 ¥9,500(税込)
※未就学児入場不可
※ソーシャルディスタンス(社会的距離)確保の為、各政府機関・各自治体の指針・ガイドラインに従い、収容人数を制限した参加人数で実施いたします。

<プレイガイド先行販売>

 プレイガイド先行:7月10日(土)10:00〜7月18日(日)23:59
一般発売日:7月24日(土)10:00

<お問い合わせ>

BSフジイベントお問い合わせ:event@bsfuji.co.jp

プロフィール

城南海
-きずきみなみ-

平成元年 鹿児島県奄美大島生まれ。奄美民謡「シマ唄」をルーツに持つシンガー。
2006年鹿児島市内でシマ唄のパフォーマンス中にその歌唱力を見出され、2009年「アイツムギ」でデビュー。
代表曲は、NHKみんなのうた「あさなゆうな」、「夢待列車」をはじめ、NHKドラマ『八日目の蝉』の主題歌「童神~私の宝物~」、NHKBSプレミアム時代劇『薄桜記』の主題歌「Silence」、一青窈作詞、武部聡志作曲・プロデュースのシングル「兆し」など。 テレビ東京「THE カラオケ★バトル」に2014年7月に初出演以来、毎回高得点をたたき出し、現在、番組初となる10冠を達成。 2016年には、宮本亜門演出の『狸御殿』に白木蓮役で出演し、初のミュージカル出演ながら圧倒的な歌声で観客を魅了した。 2018年、大河ドラマ「西郷どん」の劇中歌と大河紀行テーマを収録したニューシングル『西郷どん紀行~奄美大島・沖永良部島編~』を発売。 2019年にデビュー10周年を迎え、初のベストアルバムを発売。2020年、ディズニー実写映画『ムーラン』の日本版主題歌「リフレクション」の歌唱が決定。7月29日に初のライブDVD、『城 南海「ウタアシビ」10周年記念コンサート Bunkamuraオーチャードホール-2019.11.08-』の発売が決定。

城南海 オフィシャルHP https://www.kizukiminami.com/

1966カルテット
-イチキュウ ロクロク カルテット-
増田みのり(Pf)、花井悠希(Vn)、松浦梨沙(Vn)、伊藤利英子(Vc)

クラシックのテクニックをベースに洋楽アーティストのカバーをする女性カルテット。ビートルズ来日の年「1966」をカルテット名に冠し、2010年11月にメジャーデビュー。クイーンおよび、マイケル・ジャクソンのカバーアルバム(2011年・2012年)では、クラシックの上品なイメージを破る、ロック・スピリッツ溢れるパフォーマンスが高く評価された。2014年5作目のアルバム「アビイ・ロード・ソナタ」は、ロンドンのアビイ・ロード・スタジオで録音。リヴァプールのキャヴァーン・クラブでのライヴも行う。2015年、2016年ベストアルバムをリリース。全国各地でのコンサート活動を繰り広げる一方で、「村上春樹を『聴く』コンサート」に出演するなど、活躍の場を国内外へと広げている。

1966カルテット オフィシャルHP https://columbia.jp/artist-info/1966quartet/

主催:BSフジ
企画:ポニーキャニオンアーティスツ
協力:高嶋音楽事務所

TOP