食を通じたラグジュアリーな
時間をお届けする。

世界各国を渡り歩く“侍キュイジニエ(料理人)”大野尚斗に密着!

店で客を待ち、一般的な食材で料理を作るのではなく、スキルアップとインスピレーションを求め世界の一流レストランで修行を続ける孤高の料理人、それが“侍キュイジニエ”大野尚斗。世界No.1レストランに4年連続で選ばれ、現在もミシュラン3ツ星を獲得しているシカゴの名店「Alinea」など、世界各国で腕を磨いた大野の料理は、類い稀なオリジナリティとエクスタシーに満ちている。

この番組は、そんな彼の姿に密着するドキュメンタリー番組。天才料理人ならではの言動を交え、食を通じたラグジュアリーな感動を呼び起こします。

前編5月23日 [再放送]

現在、大野が修行を行っているのは、日本から遥か15000キロ、南米・ペルー。
太平洋とアンデス山脈、そしてアマゾンを擁すペルーは食材の宝庫として知られ、最近では美食家たちがこぞって賞賛する、美食の都と呼ばれています。
色鮮やかな食材、オリジナリティあふれる料理。心躍るラテンの空気に満ちた地で、日本から来た侍キュイジニエ・大野は何を感じ、どんなインスピレーションを増幅させるのか?
さらに、日本に帰国した大野にも密着。料理のスキル以上に大野が大切にする、ホンモノ食材の生産者をめぐる旅に同行。大野がホンキで料理に革命を起こしてゆく姿を追います。

後編5月30日 [再放送]

日本の食材生産者のもとを訪れインスピレーションを増幅させた大野は、世界に勝負すべく、日本のホンモノを凝縮させた調味料を考案。ペルーの国民的シェフのレストラン「Astrid y Gastón」、南米ベストレストランランキングで3年連続1位に輝いた「Maido」に、その渾身の調味料を直接プレゼントします。はたしてその反応は…?
侍キュイジニエ・大野は、日本のホンモノ食材の生産者と、世界の美食をつなぐ懸け橋になれるのか?そして、天才料理人・大野尚斗が描く夢、そして食の未来とは?

取材先

●国内
北海道瀬棚町「シゼントトモニイキルコト」(野菜農家)
北海道瀬棚町「Farm Blessed Wind」(養豚)
北海道函館市「坂井鮮魚店」
千葉県いすみ市「Farmあき」(野菜農家)
愛媛県大洲市「梶田商店」(醤油生産)
●海外
ペルー・リマ市内各所
レストラン「Maido」(ラテンアメリカベストレストラン3年連続1位)
レストラン「Astrid y Gastón」(国民的シェフ、ガストン・アクリオ氏の店)

スタッフ

●プロデューサー
田平秀雄 岡田恒明
●演出
CABY佐藤
●ディレクター
大石健
●テーマ音楽「旅する侍キュイジニエ」
林ゆうき
●題字
Maaya Wakasugi