プライムニュース 毎週月曜~金曜よる8:00~9:55(生放送)

4月22日週の放送予定

※内容とゲストは変更になる場合があります。予めご了承下さい。

4月22日(月)
『日米外務・防衛相会合 北の挑発と韓国の離反 止まない中国海洋進出』

 2月に行われた米朝首脳会談の事実上の“決裂”以降、核・ミサイル関連施設で新たな動きや新型誘導兵器の発射実験など、軍事的な動きを活発化させる北朝鮮。また金正恩委員長が月内にもロシアを訪問し、プーチン大統領との初の首脳会談開催が濃厚になるなど、アメリカを牽制する北朝鮮の駆け引きは半島情勢の不安定化へ繋がりそうだ。一方、防衛省によると、昨年度の中国機による領空侵犯が638回と、前年より138回増加していることが明らかとなるなど、海洋進出を続ける中国の動きも収まる気配は見えない。日本を取り巻く安全保障環境に日米はどう連携していくべきなのか?新時代に向けた日米同盟のあり方とは?小野寺前防衛相らを迎え、1年8カ月ぶりに開催される、日米安全保障協議委員会「日米2プラス2」を徹底検証する。
ゲスト
小野寺五典 前防衛相 自由民主党衆議院議員
川上高司 拓殖大学海外事情研究所所長

4月23日(火)
『「露朝首脳会談」開催へ 金正恩氏の思惑&米朝協議の行方』

 18日、ロシア大統領府は北朝鮮の金正恩委員長が今月下旬に訪露し、プーチン大統領と初の首脳会談を行うと発表。会談は24日か25日頃、ロシア極東のウラジオストクで行われるとの見方が強まっている。
 2月の米朝首脳会談が事実上決裂して以降、米朝協議の行方が不透明な中、金委員長が初のロシア訪問と露朝首脳会談に踏み切った裏には、どんな狙いがあるのか? また、金委員長は16日、17日と2日連続で、5カ月ぶりに軍や新型戦術兵器の射撃試験を視察し、北朝鮮外務省のアメリカ担当局長が「ポンペオ国務長官の除外」を要求するなど、米国へのけん制とも見られる動きが続いているが、その真の狙いとは何か?
 11日と12日に開かれた北朝鮮最高人民会議での金委員長発言内容、刷新された北朝鮮指導部人事の意味も読み解きつつ、米朝協議の行方を徹底分析する。
ゲスト
李 柄輝 朝鮮大学校准教授
礒﨑敦仁 慶應義塾大学准教授

4月24日(水)

※プロ野球中継「ヤクルト✕巨人」放送のため休止します。ご了承ください。

4月25日(木)

Coming soon...

4月26(金)

Coming soon...