トップページ ストーリー 登場人物 人物相関図 朱蒙スケジュール BSフジ韓国ドラマ
登場人物 -CAST-
チュモン(朱蒙) / ソン・イルグク写真 チュモン(朱蒙) / ソン・イルグク
ヘモス(解慕漱)とユファ(柳花)の間に授けられた男子。実父ヘモスの親友で扶余(プヨ)の王クムワ(金蛙)の息子として扶余の王子として育てられる。ヘモスの成し得なかった祖国を取り戻すという大業のため、あらゆる試練に立ち向かう。

<ソン・イルグク>
1971年10月1日生まれ。
韓国の伝説的な政治家キム・ドゥハンの孫で、母キム・ウルドンも女優として有名。ドラマ「愛情の条件」(04年)で多くの女性から人気を集め、ドラマ「海神」(05年)では助演ながらもその演技力に高い支持を得た。本作でトップ俳優の仲間入りを果たし、今後の活躍が大いに期待されている。
line
ソソノ(召西奴) / ハン・ヘジン写真 ソソノ(召西奴) / ハン・ヘジン
大商団を率いる君長ヨンタバル(延陀勃)の聡明な娘。時代を見通す賢さと死を恐れぬ大胆さを持ち併せている。その美ぼうと賢明さにより、ふたりの王子チュモンとテソ(帯素)に思いを寄せられる。後に韓民族最初の女王となる。

<ハン・ヘジン>
1981年10月27日生まれ。
日韓合作ドラマ「フレンズ」(02年、ウォンビン・深田恭子主演)でデビュー。大ヒットドラマ「がんばれ!クムスン」(05年)でこれまでのお嬢様イメージを変え、多くの女性から好感を得る。本作でヒロインに抜擢されてからは、イ・ヨンエに続く時代劇女優として注目を集めている。
line
テソ(帯素) / キム・スンス写真 テソ(帯素) / キム・スンス
扶余の王クムワの長男で、武術・知力・策略に秀でた王子。チュモンに向けられるクムワとソソノの愛に激しく嫉妬心を燃やし、優れた能力を持ちながらチュモンのこととなると手段を選ばない。

<キム・スンス>
1973年7月25日生まれ。
ドラマ「百万本のバラ」(03年)などで優しい男性を演じ、KBS演技大賞優秀演技賞(03年)を受賞した実力派俳優。本作でテソ役に抜擢され、強烈なキャラクターを見事に演じている。
line
ユファ(柳花)[チュモンの母] / オ・ヨンス写真 ユファ(柳花)[チュモンの母] / オ・ヨンス
誰もが一目ぼれするほどの美しさを持つ河伯(ハベク)族の娘。戦闘で大けがを負ったヘモスを誠心誠意手当てし、かくまった罪で、漢軍に同族を皆殺しにされるという悲劇を経験する。ヘモス戦死の報せを受け深い悲しみに暮れ、やがてクムワの側室となりヘモスとの間に身ごもった息子チュモンを出産する。

<オ・ヨンス>
1971年10月27日生まれ。
ドラマ「踊るカヤグム」(90年)で古典的なイメージでデビュー。以後、ドラマや映画で物静かで女性らしい役を演じて人気を集め、結婚・出産後は成熟した魅力で視聴者の心をつかんでいる。
line
クムワ(金蛙) / チョン・グァンリョル写真 クムワ(金蛙) / チョン・グァンリョル
深い友情で結ばれたヘモスとともに流民を導き、漢軍に抵抗する。その後、漢の力に屈しながらも扶余の王となって勢力を拡大する。ヘモスを危機に追いつめた自責の念にさいなまれつつ、彼を慕うユファを側室として王宮に入れチュモンを王子として育てる。

<チョン・グァンリョル>
1960年2月11日生まれ。
ドラマ「青春の罠」(99年)で優しい王子様役を演じて人気を得る。ドラマ「ホ・ジュン」(99年)ではその演技力を認められMBC演技大賞(00年)を受賞し、本作では華麗なアクションシーンを披露している。
line
ヘモス(解慕漱) / ホ・ジュノ写真 ヘモス(解慕漱) / ホ・ジュノ
古朝鮮の滅亡後、流民を助けゲリラ的に漢に抵抗する多勿(タムル)軍を率い、韓民族の英雄として活躍する。しかし、漢の圧力に屈する扶余の先代の王に裏切られ、さらに漢軍につかまり両目をつぶされてしまう。その後の生死は不明となるが…。

<ホ・ジュノ>
1964年4月14日生まれ。
父は俳優ホ・チャンガン、兄も俳優ホ・ギホという芸能一家で育つ。ドラマ「ホテリアー」(01年)、「オールイン 運命の愛」(03年)、映画「火山高」(01年)、「シルミド」(03年)など話題作に出演し、圧倒的な存在感で人気を博している。
line
王妃(元后)[テソ、ヨンポの母] / キョン・ミリ写真 王妃(元后)[テソ、ヨンポの母] / キョン・ミリ
クムワの正室。夫クムワの側室であるユファへの愛慕を妬み続け、息子テソにチュモンへの敵対心を燃やさせる。

line
ヨミウル[神女] / チン・ヒギョン写真 ヨミウル[神女] / チン・ヒギョン
優れた神通力を持ち、神女として扶余の王宮で天命を王クムワに進言し、その権力はときに王室をも脅かす存在。
占いでチュモンに対して三足烏の姿を見るが…。

line
ヨンポ / ウォン・ギジュン写真 ヨンポ / ウォン・ギジュン
扶余の王クムワの息子でテソの弟。兄テソ同様にチュモンを激しく敵対視し、さまざまな悪巧みをしてチュモンを陥れようとする。
テソに対してもコンプレックスを抱いている。

line
ヨンタバル(延陀勃)[ソソノの父]/ キム・ビョンギ写真 ヨンタバル(延陀勃)[ソソノの父] / キム・ビョンギ
優れた人格と人徳を備え、政治や外交、経済に関する卓越した識見の持ち主。小国の桂婁(ケル)の君長であると同時に小国連盟体の“卒本”と大商団を率いる。扶余の王宮と友好関係を持ち、扶余に拠点を置く。

line
モパルモ / イ・ゲイン写真 モパルモ / イ・ゲイン
扶余の鉄器工場の鍛冶頭で、漢の優れた鉄器に劣らぬものを作るため日々研究に励む。
チュモンに忠誠を誓い、チュモンは信頼を寄せている。

line
プドゥクプル(不得不) / イ・ジェヨン写真 プドゥクプル(不得不) / イ・ジェヨン
博覧強記にして全ての知的策略に長けた扶余の大使者(テサジャ)[大臣]。扶余の王座の覇権争いでテソをサポートする。

line
ウテ(優台) / チョン・ホビン写真 ウテ(優台) / チョン・ホビン
ヨンタバルの下で執事を務め、優れた商才を発揮する。ソソノが商談などで遠征をする際にサポート役を担う。

line
サヨン / ペ・スビン写真 サヨン / ペ・スビン
ヨンタバルの商団を陰でサポートする策士。
男でも女でもない奇妙な姿をしているが、ソソノを始め商団の人々は彼に一目置いている。

line
オイ(烏伊) / ヨ・ホミン写真 オイ(烏伊) / ヨ・ホミン
町で詐欺まがいのことをしていたが、チュモンと知り合い彼の力となる。
無鉄砲な性格だが、チュモンの率いる戦闘で活躍する。プヨンに思いを寄せる。

line
マリ(摩離) / アン・ジョンフン写真 マリ(摩離) / アン・ジョンフン
オイと一緒に町でチュモンと出会う。情報通で交渉を得意とし、チュモンの力となる。

line
ヒョッポ(陜父) / イム・デホ写真 ヒョッポ(陜父) / イム・デホ
力持ちで武芸に秀でる。父はヘモスとともに戦った多勿軍の一員。サヨンに好意を抱かれている。

line
プヨン / イム・ソヨン写真 プヨン / イム・ソヨン
チュモンに忠誠を尽くす、優しく素直な心の持ち主。

line
ヤンジョン / ユン・ドンファン写真 ヤンジョン / ユン・ドンファン
玄莬(ヒョント)城の太守。もとは扶余の王クムワの旧友だったが、漢の官吏となりクムワと対立する。
扶余を漢の手中に収めるため、テソを利用する。

line

<スタッフ>
脚本 :チェ・ワンギュ「オールイン 運命の愛」、チョン・ヒョンス「チェオクの剣」 / 演出 :イ・ジュファン、キム・グンホン

line
(C)MBC.COM Entertainment Co.,Ltd  ALL RIGHTS RESERVED / (C) 2006 BS FUJI Corporation. ALL RIGHTS RESERVED
BSフジ