Ⓒ東映

2022年7月1日(金) 18:35~19:30

<時代劇>『銭形平次 第4シリーズ』

お知らせ

放送休止

6月17日(金)・6月24日(金)の放送は、プロ野球中継編成のため休止とさせていただきます。ご了承ください。

次回の放送予定

2022年7月1日(金) 18:35~19:30
第4話「喪服の花嫁」


毎週(金) 18:35~19:30

 仕立て職人の佐吉(浅田祐二)が殺された。藤沢の旅籠で見初めたというおゆみ(八木小織)と所帯を持った夜の事件だ。
 銭形平次(北大路欣也)は最近佐吉が、日本橋の絹問屋山城屋の番頭矢之助(深水三章)から大金を引き出す、と言っていたことを知る。
 山城屋の当主嘉兵衛(佐竹明夫)は病身で子供はなく、将来は甥の矢之助が店を継ぐことになる。
 おゆみが十二歳の時に死んだ母親おたみは、江戸で奉公中に身ごもったが、相手と一緒になれない事情があって藤沢に帰っておゆみを産んだ。
 父親の名は知らないという。
 平次は奉行所の資料から、二十年前、おたみという奉公女が山城屋を辞めたのを確認した。
 平次は、おゆみは嘉兵衛の子と推理した。

出演者・スタッフ

<出演者>
銭形平次:北大路欣也
お静:真野あずさ
三の輪の万七:伊東四朗
八五郎:三波豊和
清吉:山西道広
保科源次郎:三浦浩一
菊村数馬:丹羽貞仁
安吉:城後光義
おゆみ:八木小織
卯助:加藤純平
矢之助:深水三章
山城屋嘉兵衛:佐竹明夫
おうめ:加藤由美
佐吉:浅田祐二
ほか
<スタッフ>
原作:野村胡堂
企画:能村庸一、加藤貢
プロデューサー:平野毅、上阪久和
音楽:津島利章
脚本:ちゃき克彰
監督:原田雄一
制作:フジテレビ/東映

番組概要

 1966年から1984年まで放送され、888回というテレビドラマ最長記録を打ち立てた故・大川橋蔵主演の「銭形平次」。
 その7年後の1991年から始まった北大路欣也版の「銭形平次」が登場!
 神田明神下で岡っ引きの名親分・銭形平次。その粋でいなせな人柄と有名な投げ銭シーンのカッコ良さで、今でも多くのファンを魅了してやまない人気時代劇。第3シリーズに引き続き、第4シリーズを放送!
 江戸を舞台に活躍する平次と、「親分てェへんだ~」のセリフでこのシリーズにはかかせない下っ引きの八五郎、良妻のかがみである平次の女房・お静など、個性豊かなキャラクターが物語を盛り上げる!

SHARE