第4回「尾瀬をめぐる花の山」

 第4回は、トレッキング愛好家たちの聖地・尾瀬。歌にもうたわれたミズバショウをはじめ、様々な草花が咲き乱れるさまは圧巻。訪れる人の多さも百名山中でも有数の人気エリア。その尾瀬を取り巻く、花の美を誇る名山を紹介する。

◆燧ヶ岳(ひうちがたけ)&尾瀬ヶ原にある赤田代温泉
今回は、福島県側の沼山峠から長蔵小屋に出て、尾瀬沼の南側をまわり、尾瀬ヶ原へ向かう。尾瀬ヶ原に昭和7年に建てられた温泉小屋で、一泊し翌朝、山頂を目指す。急な坂の連続を乗り越え進んでいくと、東北の最高峰へ到着。眼下には、雲の間から尾瀬沼と尾瀬ヶ原が顔をのぞかせる絶景!

◆至仏山&花咲温泉
今回は少し趣向を変えて、雪の至仏山を目指す。群馬県側の尾瀬の玄関口・鳩待峠から、至仏山の頂上まで登る。そして頂上から鳩待峠までスキーで一気に滑り降りるという、雪の季節ならではのルートを堪能する。ガイドは、オリンピックにも出場したことのあるスロベニア出身のツヴェート・ポドロガルさん。そして、花咲温泉に立ち寄り、山と緑をながめながら温泉を楽しむ。

◆会津駒ヶ岳&尾瀬檜枝岐温泉
尾瀬檜枝岐温泉の登山口を出発し、山頂近くの「駒の小屋」で一泊し、会津駒ヶ岳山頂に登り、さらに高層湿原を通って中門岳へと向かう。頂上からは、日光連山や燧ヶ岳が一望できる絶景。ハクサンコザクラの群生も楽しめ、まさに尾根道は全体がお花畑。そして会津駒ヶ岳の麓・檜枝岐村にある、村営の公衆浴場「燧ノ湯」を訪れ、村を流れる檜枝岐川を眺めながら温泉を満喫する。








山においでよ!

いつかはあの頂に立ってみたかった…いつかはあの絶景を見てみたかった…山に登ってみたい!そんな“はじめての登山”のドキドキ感を一緒に体感してください!

絶景温泉

温泉大国ニッポンの絶景温泉を選りすぐり、四季折々で描く。旅のエッセイストとして絶大なる信頼を得る柏井壽が案内役として登場。

絶景百名山

名峰たちが「最も輝きを放つ季節、美をまとう時間」。未だ目にしたことのないその映像を撮影。

百名山温泉紀行

深田久弥「日本百名山」を巡自然紀行シリーズ。迫力の映像とともに、山に抱かれた名湯の魅力をあますところなく紹介する。