2022年6月18日(土) 24:30~25:00

『VOICEアクト「僕の種がない」』

次回の放送予定

2022年6月18日(土) 24:30~25:00
#05

鈴木おさむの小説「僕の種がない」(幻冬舎刊)を朗読コンテンツ「VOICEアクト」として放送!
人気声優の神谷浩史と、次世代を担う若手声優&俳優たちが、声と表情だけで作品の世界観を作り上げる。

【今回のあらすじ】
 精子バンクを利用して子どもを授かった拓海と響子の夫婦。勝吾のディレクターとしての好奇心が音を立てる。「拓海さんは、生まれたばかりの、自分の種ではない子を見て、どんな顔をするんだろう。最初に何を思うんだろう。何を確認するんだろう。」
 無事お産が終わり、新しい命を抱いて涙を浮かべる響子と、隣で顔を覆って泣く拓海に勝吾が問いかける。
「今、奥さんから生み出された命の顔を見て、どう思いますか?」

出演者・スタッフ

<出演者>
ストーリーテラー:神谷浩史
 
天希かのん
大川亜耶
川島零士
佐藤悠雅
白金翔太
砂田桃子
高橋雛子
三浦修平
(※五十音順)
<スタッフ>
原作:鈴木おさむ著「僕の種がない」(幻冬舎刊)
総合演出:名城ラリータ(FCC)
演出:高瀬康宏(FCC)
ディレクター:中森達也(FCC)/市村智哉
プロデューサー:鈴木裕奈(FCC)/神原孝(FCC)
編成:鞍谷光(BSフジ)
協力:青二プロダクション/劇団扉座

番組概要

2021年9月に発売し話題作となった鈴木おさむの小説「僕の種がない」(幻冬舎刊)を朗読コンテンツ「VOICEアクト」として放送!これまで女性側のアプローチで語られてきた「不妊」というテーマを、ドキュメンタリーディレクターの視点から男性の問題として描いていく物語。

登場人物のセリフ以外の「地の文」を担当するストーリーテラーは、人気声優の神谷浩史!
そして、声と表情だけで展開されていく登場人物を演じるのは、次世代を担う若手声優と劇団に所属する役者8名。
声だけで様々な登場人物を演じ分け、その熱演で作品を作り上げていきます。

【ストーリー】
ドキュメンタリーディレクターの勝吾は、癌で余命半年の宣告をうけた芸人・一太に、死までの姿を追って欲しいと依頼される。「おもしろさ」にこだわり続ける一太に対して勝吾は、子供のいない一太夫婦に子供を作ることを提案する。しかし、一太は実は無精子症だった……。

SHARE