Highlights 各回の見どころ
LARRY CORYELL TRIO (ラリー・コリエル・トリオ) LARRY CORYELL TRIO (ラリー・コリエル・トリオ)


 今回は、ジャズギターの革新者として、実にさまざまな試みをしてきたスーパーギタリストLARRY CORYELL のライブを2週に渡りお送りする。 彼のブルーノート東京でのライブは約1年ぶりで、今回はJOE BAGG(organ)、ALPHONSE MOUZON(drums)とのトリオでのステージ。特にドラムのALPHONSEはウェザー・リポートの初代メンバーでLARRYとは古くから一緒に演奏してきただけに、息もピッタリの超絶プレイ!!全国のギター愛好家の皆様、必見です!

演奏曲目 Vol.#1
M1.IMPRESSIONS
M2.They Can’t Take Away From Me
M3.COVER GIRL

LARRY CORYELL TRIO (ラリー・コリエル・トリオ)

LARRY CORYELL TRIO(ラリー・コリエル・トリオ)


ラリー・コリエルは、1943年4月2日、テキサス州ガルベストン生まれ。独学でギターを修得し15歳でプロ入り。ニューヨークに出て、自己のグループ“フリー・スピリッツ”を結成。チコ・ハミルトンやボブ・モーゼスのバンドにも加わり、ロックとジャズの融合をはかるユニークな演奏を展開。ゲイリー・バートンとハービー・マンのバンドで頭角を現し、ジャズとロックの間に橋を架けるクロスオーヴァーのイニシアティヴとして、大きな反響を巻き起こした。70年代後半からアコースティック・ギターによるソロやデュオにも熱を上げ、エレクトリックとアコースティックを両輪にした多彩な活動も繰り広げていく。’84年は、クラシックの山下和仁や渡辺香津美と日本で共演。創作の間口を広げ、不定期ながらクラブ・ギグを軸にしたトリオ演奏。続く最新作は、本公演と同じオルガン・トリオによる『Impressions: The New York Sessions』(Chesky/海外盤)。

Official Site: http://www.larrycoryell.net/

LARRY CORYELL TRIO (ラリー・コリエル・トリオ)