Highlights 各回の見どころ
Trijntje (トレインチャ) Trijntje (トレインチャ)


 今回は、オランダ・アムステルダム出身のTRAINCHA。  オランダでは国民的歌姫の彼女、今年2月のバートバカラックの来日公演に同行もソロとしては初の来日公演となったブルーノート東京でのフレッシュなステージを2週に渡りお送りします。  ディオンヌ・ワーウィックで1968年全米10位のヒットとなった"Do You Know the Way to San Jose?"、ニール・ダイモンドもカヴァーした"DON'T MAKE ME OVER"、"Waiting for Charlie"など、バカラックナンバーをたっぷりとご堪能ください!

演奏曲目 Vol.#1
M1.Do You Know the San Jose?
M2.I'll Never Fall in Love Again
M3.DON'T MAKE ME OVER
M4.Waiting for Charlie

Trijntje (トレインチャ)

Trijntje (トレインチャ)


オランダのアムステルダム生まれ。フル・ネームはトレインチャ・オースタルハウス=Trijntje Oosterhuis。地元の先輩キャンディ・ダルファーと活動する間、兄とのグループ「トータル・タッチ」で'96年デビュー。ソロデビュー後の'99年スティーヴィー・ワンダー集『For Once In My Life』がプラチナディスクに。ジャズ界から注目を集めたのは'04年、大編成バンドとともにビリ・ホリデイゆかりのナンバーを歌ったライブ盤『Strange Fruit』がダブル・プラチナの大ヒット、名門ブルーノートとの契約を果たす。最新作は『フール・スピーク・フォー・ラブ〜バート・バカラック・ソングブック』

Trijntje (トレインチャ)