Highlights 各回の見どころ
AVERAGE WHITE BAND (アヴェレイジ・ホワイト・バンド) AVERAGE WHITE BAND (アヴェレイジ・ホワイト・バンド)


今週は、先週に引き続きイギルス・スコットランド出身のファンク/ソウル/R&BバンドのAVERAGE WHITE BANDをお送りする。 メンバーは白人ながら(後に黒人メンバーも在籍)、音は黒人と変わらないソウルでファンキーな音楽で、そのためホワイト・ソウル、ホワイト・ファンクと呼ばれることもあるAVERAGE WHITE BAND。2週目の今回は、ファンにはたまらない1976年の名曲 “SOUL SEARCHING”、アインズレー・ブラザースのナンバーで彼らの定番曲の“WORK TO DO”、そしてインストゥルメンタルとして異例の全米1位を獲得した”PICK UP THE PIECAS”などファンキーでご機嫌なライブを披露します。

演奏曲目 Vol.#2
M1.SOUL SEARCHING
M2.WORK TO DO
M3.PUT IT WHERE YOU WANT IT
M4.PICK UP THE PIECES

AVERAGE WHITE BAND (アヴェレイジ・ホワイト・バンド)

AVERAGE WHITE BAND (アヴェレイジ・ホワイト・バンド)


1971年スコットランドで結成。
1973年にエリック・クラプトンのコンサートのサポートを務め、同年デビュー。 1974年にニューヨークに渡り、2枚目のアルバム「AWB」からのシングルカット“Pick Uo The Pieces”はインストゥルメンタルとしては異例の全米1位を記録。 その後何度かのメンバーチェンジを経て、1980年“Let’s Go Round Again”がヒットするも1982年解散。1996年に再結成し、現在も活動中。

AVERAGE WHITE BAND (アヴェレイジ・ホワイト・バンド)