AKIRA SENJU 35th anniversery
千住明の世界~コラボレーション・コンサート 2021Akira Senju ~ Collaboration Concert 2021

NEWS

2021.8.27 千住明の世界~コラボレーション・コンサート 2021 HPを公開しました。

ご来場のお客様へ

新型コロナウイルス感染症に関するお願いとご注意 詳しくはBSフジイベントHPまで

※各政府機関・各自治体の指針・ガイドラインに従い実施致します。

公演日程・会場

東京 / サントリーホール 大ホール


10月12日(火)17:45開場/18:30開演

<プレイガイド>
BSフジチケット:https://www.cnplayguide.com/bsfuji.tv/
チケットぴあ:0570-02-9999 https://t.pia.jp(Pコード:203-504)
ローソンチケット:0570-084-004 https://l-tike.com/ (Lコード:35638)
イープラス:http://eplus.jp (PC・携帯共通)
CNプレイガイド:0570-08-9999 https://www.cnplayguide.com
楽天チケット:https://ticket.rakuten.co.jp

お問い合わせ:BSフジ問い合わせメールアドレス 
event@bsfuji.co.jp


チケット料金

S席9,000円/A席7,000円/B席5,000円/C席3,000円

※全て税込 ※未就学児入場不可

先行販売日程

<プレイガイド先行販売>

8月28日(土)~9月12日(日)

主催者先行受付

終了しました

チケット一般発売日

一般発売日:9月18日(土)~

出演者情報

作曲・編曲・指揮・Piano
千住明
管弦楽
SENJUcoLAB Orchestra

世界的テノール歌手V.グリゴーロ来日公演や杉山清貴デビュー35周年記念演奏会、大貫妙子シンフォニックコンサート2020、シンフォニー音楽劇「蜜蜂と遠雷」〜ひかりを聴け〜等の公演でオーケストラを担当。「グランドフィルハーモニック東京」と、社会に寄り添うアートのデザイン、ジャンルを越えた活動で新たな可能性を探る総合芸術の実験室「東京藝術大学 SENJU LAB」によるコラボレーションオーケストラ。次世代型オーケストラとして多方面より期待されている。

〔コラボレーションアーティスト〕

Violin
千住真理子

2歳半よりヴァイオリンを始める。全日本学生音楽コンクール小学生の部全国1位。NHK交響楽団と共演し12歳でデビュー。日本音楽コンクールに最年少15歳で優勝、レウカディア賞受賞。パガニーニ国際コンクールに最年少で入賞。2002年秋、ストラディヴァリウス「デュランティ」との運命的な出会いを果たし、話題となる。コンサート活動以外にも、講演会やラジオのパーソナリティを務めるなど、多岐に亘り活躍。また、チャリティーコンサート等、社会活動にも関心を寄せている。2020年はデビュー45周年を迎えた。

Piano
若林顕

日本を代表するヴィルトゥオーゾ・ピアニスト。
ベルリン芸術大学などで研鑽を積む。20歳でブゾーニ国際ピアノ・コンクール、22歳でエリーザベト王妃国際コンクールにおいて第2位の快挙を果たし、一躍脚光を浴びた。その後国内外の名門オーケストラや巨匠との共演、国内外での室内楽やソロ・リサイタル等、現在に至るまで常に第一線で活躍し続けている。
Official HP www.wakabayashi-akira.com

Vocal
中山優馬

1994年1月13日生まれ、大阪府出身の歌手/俳優/タレント。 2006年にジャニーズ事務所に入所し、関西ジャニーズJr.の一員となる。 2008年の『バッテリー』でドラマ初出演&初主演を果たす。近年の主な出演作に『北斗 ‐ある殺人者の回心- 』(17年)
翌年同作品がバンフ・ワールド・メディアフェスティバルのロッキー賞(Drama Series: Non-English Language部門)受賞。劇団☆新感線 「偽義経冥界歌」、『シンフォニー音楽劇「蜜蜂と遠雷」~ひかりを聴け~』(21年)、『WOWOW開局30周年記念 連続ドラマW トッカイ~不良債権特別回収部~』(21年)、2021年冬5年ぶり2度目の主演映画「189」が公開予定

女優
紅ゆずる

2002年に宝塚歌劇団に第88期生として入団し初舞台を踏む。
その後星組に配属され、2016年星組トップスターに就任。2019年10月『GOD OF STARS-食聖-』『Éclair Brillant(エクレールブリアン)』東京宝塚劇場千穐楽をもって退団。これまでの男役から女優として新たなスタートを切る。現在はテレビや舞台など様々な作品に挑戦している。

Vocal
杉山清貴

神奈川県出身。1983年4月 杉山清貴&オメガトライブとして「SUMMER SUSPICION」でデビュー。 1986年5月「さよならのオーシャン」でソロデビュー。 ギター一本での弾き語りLIVEからバンドでのホールコンサートツアー。また、数々のユニットによる ライブハウスへの出演など幅広く活動している。2018年にはデビュー35周年を迎え、オリジナル・アルバム「MY SONG MY SOUL」をリリース。2020年オリジナルソロアルバム「Rainbow Planet」を発売。

三味線
上妻宏光

茨城県出身。6歳より津軽三味線を始め、幼少の頃より数々の津軽三味線大会で優勝し、純邦楽界で高い評価を得る。国内外アーティストとのセッションは各方面から注目を集め、世界30ヵ国以上で公演を行っている。伝統に現代的な感性を加え、異ジャンルのアーティストや舞台、映画、ドラマ他、様々なシーンへの楽曲提供や共演など、その活動はジャンルや国境を越える。津軽三味線の"伝統と革新"を追求する開拓の第一人者。
Official HP http://agatsuma.tv/

絵画
千住博

日本画家。1958年東京都生まれ。東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業。同大学院後期博士課程単位取得満期退学。1995年にヴェネツィア・ビエンナーレで東洋人初の名誉賞を受賞。2021年第77回恩賜賞、日本芸術院賞受賞。現在、京都芸術大学大学院教授を務めるほか、NYを拠点に制作活動を展開。駅や空港のアートディレクション、オペラの舞台美術を手掛けるなど自由な発想と表現で国内外から高い評価を受ける。

公演に向けて

昨年活動35周年をむかえ、一年間僕に何が出来るか考えてきました。

今まで沢山の音楽を創り、多くのアーティスト達と重ねてきた時間、

貴重な出会いから生まれたコラボレーション、そんな仲間達と

今だから力を合わせて伝えたい事があります。

千住 明


プロフィール

千住明
- Akira Senju -

作曲家
1960年10月21日東京生まれ。幼稚舎より慶応義塾で学び、慶応義塾大学工学部中退、東京藝術大学作曲科卒業。同大学院を首席で修了。修了作品「EDEN」(1989)は史上8人目の東京藝術大学買上となり、同大学美術館に永久保存されている。
藝大在学中からその活動は、ポップスから純音楽まで多岐にわたり、作曲家・編曲家・音楽プロデューサーとしてグローバルに活躍。'97年第20回、'99年第22回、'04年第27回日本アカデミー賞優秀音楽賞等受賞歴多数。東京藝術大学を中心とした音楽と美術の制作グループ「Senju Lab」主宰。東京藝術大特任教授、東京音楽大学特別招聘教授。
テレビ等メディアへの出演も多く、NHK「日曜美術館」のキャスターもつとめた。
2019年には、天皇陛下御即位三十年記念式典にて天皇皇后両陛下による著作歌曲「歌声の響」の編曲とピアノを担当。三浦大知、千住真理子と共に記念演奏を披露。
代表作にテレビドラマ「砂の器」劇中テーマ曲のピアノ協奏曲「宿命」(2004)、ヴァイオリンとストリングスオーケストラの為の「四季」(2004)、「日本交響詩」(2005)、オペラ「隅田川」(台本:松本隆)(2007)、オペラ「万葉集」(台本:黛まどか)(2009、2011)、オペラ「滝の白糸」(台本:黛まどか)(2014)、「カレンダー組曲」(2015)等。2018年上海文化広場に於いて中国語ミュージカル「白夜行」の初演が大盛況のもと行われ、中国全国ツアー中。
映像音楽としては、映画「226」「わが心の銀河鉄道」「愛を乞うひと」「黄泉がえり」「追憶」、ドラマ「高校教師」「家なき子」「世紀末の詩」「ほんまもん」「砂の器」「風林火山」「流星ワゴン」、アニメ「機動戦士Vガンダム」「鋼の錬金術師 FA」「革命機ヴァルヴレイヴ」、NHKスペシャル「世紀を越えて」「至高のバイオリン ストラディヴァリウスの謎」「平成史 スクープドキュメント」「全貌二・二六事件〜最高機密文書で迫る〜」、NHK「日本 映像の20世紀」「BS8K ルーブル美術館」、TV「アイアンシェフ」、CM「アサヒスーパードライ」「東芝ライフスタイル」、ムービングロゴ「GAGA」、ウィーン美術史美術館&TBS公式テーマ曲「Glorious Museum」等、音楽を担当した作品は数多い。
(2021年9月現在)

URL: http://www.akirasenju.com

TOP