番組情報
ミニ番組

『知りたい!SDGs』


次回の放送予定

2020年2月20日(木) 22:55~23:00

毎週(木) 22:55~23:00


#21


今回紹介するのは、SDGsの大原則「誰も置き去りにしない」「誰一人取り残さない」である。

日本では1年間におよそ2万人が自殺により亡くなっている。ある調査によれば、自殺者は平均4つの悩みや問題を抱えていて、多くがその悩みに「追い込まれた末の死」だと言われている。

今回は生きづらさを抱えた人が悩みを寄せるSNSの相談窓口で、アクセス数はひと月4万件を超えるという「生きづらびっと」の活動を紹介。代表の清水氏は「現代の日本社会の自殺の多くは社会的な支援があれば避けることができる」と考えており「生きづらびっと」ではSNSは実務的な支援のあくまで補助階段。悩みを抱える人だけでなく自治体のトップや職員に自殺対策の研修を実施し、深刻な悩みや問題を抱えたとしても、誰もが生きる道を選択できる「地域や社会を創る」ために活動している。多くの人と連携をしながら、誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現に向けてこれからも努力し続けるという。

出演者・スタッフ
<出演者>
ナビゲーター:曽田麻衣子
ナレーション:金本涼輔



<スタッフ>
プロデューサー:花苑博康
アシスタントプロデューサー:大澤ひとみ
演出:小野寺譲二
ディレクター:村上寿一
制作協力:NEXTEP

番組概要
SDGs って何? どうして必要なの?
これから先の未来… 自分たちの青い地球はどうなっていくんだろう…

今、世界では温暖化、貧困、格差社会… 様々な地球規模の課題がある。
そこで、国連加盟国すべての国が2030年までに普遍的に取り組む“持続可能な開発目標”を定めた。
それが「SDGs」。しかし、日本での認知度は16%とまだまだ低く、お茶の間や若者には馴染みがない…
「SDGs」を子供や若者、高齢の方にもわかるよう、番組ナビゲーターの曽田麻衣子がSDGs の全体コンセプトや、SDGs の各目標をひとつひとつわかりやすく解説!また、目標の解決に取り組んでいる事例も紹介していく。