- 各話のあらすじ -

第41話「狙われた二つの命」

 小憐(しょうれん)は蘭陵王(らんりょうおう)を助けたことが高緯(こうい)に発覚するのを恐れ、仕方なく蘭陵王を見逃す。宮廷を出た蘭陵王はその身分を捨て、周に潜入し雪舞(せつぶ)の状況を探り始める。その頃周では、嫉妬心に駆られた阿史那(あしな)皇后が、出産を間近に控えた雪舞に刺客を手配していた。雪舞が刺客の手にかかろうとしたその時、間一髪で黒衣の兵士が彼女を救う。