- 各話のあらすじ -

第38話「悲しい別れ」

 見張りの兵の目を逸らし蘭陵王の墓参りにやって来た雪舞は、蘭陵王への想いが溢れその場から立ち去れずにいた。そこへやってきた小憐は雪舞を捕えて殺そうとするが、間一髪のところで駆け付けた宇文邕が雪舞を救い出す。雪舞を捕えようと執拗に追う小憐の前に暁冬が立ちはだかり、自らを盾に雪舞を守って息を引き取る。