- 各話のあらすじ -

第34話「斉の悲劇」

 蘭陵王と雪舞を呼び出した小憐は、残忍な“囚人遊び”を見せる。蘭陵王が小憐を諌め立派な皇后になるよう進言すると、小憐は代わりに雪舞の命を要求する。蘭陵王は激怒し雪舞を命がけで守ることを誓うが、小憐は2人を引き裂く策を用意していた。皇帝の命で蘭陵王が遠征に出発すると、小憐は水門を放水させ、大干ばつを起こす。