- 各話のあらすじ -

第33話「新皇帝の暴政」

 高緯は蘭陵王を孤立させるべく段韶と斛律光を遠方に転任させる。さらに蘭陵王の忠告に反して皇后に冊立した小憐のために仙都苑建設を決める。建設の進行が遅いのを見た高緯は、蘭陵王に彼の軍隊を建設現場に差し出すことを求める。蘭陵王は国の安全を考え反対するが、高緯に人質にとられた兵士を守るために兵権を手放す。