- 各話のあらすじ -

第32話「鄭児から小燐へ」

 高緯に助けられた鄭児(ていじ)は、罪人のため宮廷で隠れて暮らすしかないことに不満を募らせていた。そこで親友の宮女・馮小燐(ふうしょうれん)を呼び出し毒殺する。“馮小燐”という新たな身分を手に入れ、高緯から妃に娶られた鄭児は体調不良を訴え、雪舞(せつぶ)に看病させる。小燐妃が鄭児であることに気づいた雪舞はただならぬ不安を抱く。