- 各話のあらすじ -

第29話「祖珽の陰謀」

 蘭陵王(らんりょうおう)を案ずる段韶(だんしょう)や安徳王(あんとくおう)らの勧めもあり、蘭陵王は雪舞(せつぶ)と共にしばらく生家で過ごすことを決める。しかし、その間にも宮廷では高緯(こうい)の計らいで牢から出た祖珽(そてい)の陰謀が動き始めていた。祖珽は不眠に悩む皇帝を恐れさせる出来事を次々と起こし、さらなる凶事を避けるためには皇位継承をする以外に方法はないと皇帝に進言する。