- 各話のあらすじ -

第23話「皇太后の一計」

 蘭陵王(らんりょうおう)が鄭児(ていじ)と共に夜遅く帰宅し、玉璜(ぎょくこう)を受け取るのを目撃した雪舞(せつぶ)は、蘭陵王と大喧嘩する。事の深刻さを察知した皇太后は、雪舞に風邪を装い蘭陵王の心を掴むように勧める。蘭陵王は病の雪舞を心から心配し、鄭児を嫁に出すことを皇太后に約束するが、雪舞の仮病を見抜いた鄭児が嘘を暴露し、蘭陵王の怒りを買ってしまう。