- 各話のあらすじ -

第17話「謀反の結末」

 宮中の異変を悟った蘭陵王は一刻も早く逃げようとするが、雪舞が貞を心配し逃げ遅れてしまう。宇文護の計略は成功したかに見えたが、すべては宇文邕の筋書き通りで、謀反を起こした宇文護はついに粛清される。宇文邕は雪舞を周に留めたいと願うが、蘭陵王を愛する雪舞を見て二人を解放し、蘭陵王には斉との停戦を約束する。