- 各話のあらすじ -

第16話「天女の治療」

 周にやってきた雪舞は、奇病に苦しむ貞の治療に励んでいた。そんな雪舞を密かに衛兵に化けて潜伏した蘭陵王が見守っていた。宮中では、宇文護が謀反に向けて動き出し、芒山の大敗を理由に宇文邕の腹心・尉遅迥を死に至らしめる。ある晩、宇文邕の手先の玉兎は、宇文護が宇文邕に毒を盛る計略を話しているのを耳にしてしまう。