- 各話のあらすじ -

第15話「再び周へ」

 蘭陵王の王妃になることが決まった雪舞だったが、別れた祖母が気がかりで心から喜べずにいた。雪舞と蘭陵王は気晴らしのため外出するが、些細なことで口論になり別行動をとってしまう。その隙に、雪舞は潜伏していた周兵に連れ去られてしまう。目を覚ました雪舞が見たのは、姪の貞を助けて欲しいと懇願する宇文邕の姿だった。