- 各話のあらすじ -

第13話「忍び寄る魔の手」

 蘭陵王を陥れようと企む皇后と祖珽は、蘭陵王の心を得たいと願う鄭児を利用し罠をしかける。雪舞は刺客に襲われ、危ういところで蘭陵王に助けられる。雪舞の危険を予知した祖母は帰村を命じ、雪舞は蘭陵王への想いを断ち切れぬまま宮廷を去ることを決意する。雪舞を守りきれないと悟った蘭陵王もまた別れを覚悟していた――。