- 各話のあらすじ -

第12話「蘭隆王の妃選び」

 皇帝の命には逆らえず、蘭隆王は気乗りしないまま妃選びを開始する。雪舞は蘭隆王を想いながらも、いつか現れるかもしれない蘭隆王の運命の女性「鄭児(ていじ)」を意識し、これ以上傷つく前に白山(はくさん)村へ帰りたいと思うのだった。しかし、妃選びの場に本当に「鄭児」という娘が現れ、雪舞は動揺を隠しきれないまま妃選びの会に参加する…。