- 各話のあらすじ -

第11話「各国の内紛」

 周の大宰相・宇文護(うぶんご)の邪魔で勝利を逃した宇文邕(うぶんよう)は、宇文護を監視すべく女人を贈呈する計略をたてていた。宇文護もまた宇文邕に強い警戒心を抱いていた。一方、斉では、蘭隆王(らんりょうおう)と秘策を授けた雪舞(せつぶ)が皇帝の称賛を浴びていた。強い危機感を抱いた高緯(こうい)と祖珽(そてい)は、蘭隆王から天女を引き離すため、蘭隆王の正妃冊立(さくりつ)を提案し…。