- 各話のあらすじ -

第8話「復活した周の皇子」

 周軍の厳重な警備でなかなか解毒薬を手に入れることができない雪舞は、自ら毒薬を服薬し、宇文邕が口移しで飲ませた解毒薬を手巾に含ませることに成功する。一方、斉を攻める宇文邕は高緯率いる斉軍を打ち破り洛陽城に追い込む。時を同じくして、暁冬が命がけで持ち帰った解毒薬で回復した蘭隆王が立ち上がろうとしていた…。