- 各話のあらすじ -

第7話「雪舞の決意」

 周軍の毒矢を受けて衰弱する蘭隆王(らんりょうおう)を見た斉(せい)の皇太子・高緯(こうい)は、蘭隆王の勢力を抑える好機と判断し、自ら洛陽(らくよう)防衛の指揮を執るべく兵を奪う。責任を感じた雪舞(せつぶ)は、唯一の治療法の解毒薬を手に入れるため、暁冬(きょうとう)と共に周に乗り込むことを決める。雪舞が周に到着すると、天女を得て天下を得ようと企む宇文邕(うぶんよう)が待ち構えており…。