- 各話のあらすじ -

第5話「別れのとき」

 雪舞(せつぶ)は尉遅迥(うっちけい)に捕えられ、河の上に逆さ吊りにされてしまう。河に落とされ、溺れかけたその時、蘭陵王(らんりょうおう)が雪舞を救い出す。蘭陵王との別れを惜しみながら斉の軍営をあとにした雪舞は、一晩を過ごすために再び闇娼館を訪れる。そこには息途絶えた闇娼館の夫婦と瀕死の青年がいた。雪舞は追手から逃れ、青年を連れてとある村へ向かい…。