2020年3月21日(土) 17:30~18:00

『パレ・ド・Z~おいしさの未来~』

お知らせ

3月15日(日)24:30~「第29回: 神田裕行(かんだ)」をアンコール放送!

次回の放送予定

2020年3月21日(土) 17:30~18:00
「第36回:平松宏之(株式会社ひらまつ総合研究所)」(最終回)


2020年3月28日(土)17:30~18:00(再)

今回、三石が訪れたのは、京都・高台寺。ここに、日本のフランス料理界を牽引してきた孤高の料理人がいる。
「ひらまつ」の創業者・平松宏之だ。東京を拠点にフランス料理文化を浸透させた男が、なぜいま京都にいるのか?
2017年、平松がここ京都にフランス料理店と料亭が共存する「高台寺ひらまつ」をオープンさせた。
ここで平松は、客人に自らお茶を立て、厨房では未来を担う若手料理人の教育に勤しむ。平松が思い描いてきた「フランス料理の未来」がここにはあった。
そして今回、テレビの取材を頑なに拒んできた彼の素顔が明らかになる。平松が作る未来に遺すべき作品とは一体。その作品への想いを聞いて、実際にその味を楽しんだ三石の感想は?

出演者・スタッフ

<出演者>
三石寛太:髙嶋政宏
パレ・ド・Z館長:田口トモロヲ(ナレーション)
<スタッフ>
企画監修:小山薫堂
プロデューサー:原田泉 植田小雪
制作:N35 インターナショナル株式会社

番組概要

一流のシェフが作る究極の一皿を、ドキュメンタリー&ドラマ仕立てで紹介する番組。髙嶋政宏演じるフードミュージアムのチーフキュレーター・三石寛太が、その究極の一皿=“作品”を食す。
そして、シェフの日常に密着し彼らの料理哲学を紐解いていく。
毎回、“未来に遺すべき作品”が生み出される新感覚のグルメ&ドキュメンタリー番組。

【あらすじ】
三石寛太(髙嶋政宏)は、絶品料理を求め、さまざまな店を訪れるB級グルメ専門のフードライター。しかし、それは世を忍ぶ仮の姿。
彼には、未来に残したい究極の一皿を作品としてコレクションする次世代のフードミュージアム「パレ・ド・Z」のチーフキュレーターというもう一つの顔があった。
未来に遺すべき作品を求め三石は日夜、世界中を飛び回っている。そして今日もまた彼の元に「パレ・ド・Z」館長から新たな作品完成を告げる電話が…。
果たして三石はどんな“おいしさの未来”と出会えるのか?

SHARE