番組情報
時代劇

『鬼平犯科帳スペシャル』




次回の放送予定

2020年1月18日(土) 14:00~15:55


「浅草・御厩河岸」


長谷川平蔵(中村吉右衛門)の密偵、大滝の五郎蔵(綿引勝彦)と伊三次(三浦浩一)は、通りで男が老人を張り飛ばす現場に居合わせ、止めに入る。結局、乱闘となるが、その隙に老人は逃げおおせた。
同じく密偵のおまさ(梶芽衣子)は、目を腫らした伊三次の治療をしながら、大人気ないとあきれ返る。
片や五郎蔵は、老人に見覚えがあるのだが、誰だか思い出せずにいた。
翌朝、老人が伏木の卯三郎(左とん平)だと思い出した五郎蔵は、おまさに報告。
おまさからそれを聞いた平蔵は、大盗賊と知られる海老坂の与兵衛(田村亮)の配下だった卯三郎が一仕事を企んでいるとしたら見逃せない、と鋭く言う。
平蔵と同じことを考えた五郎蔵は、卯三郎の息子で御厩河岸(おうまやがし)に暮らす岩五郎(田辺誠一)の元へ。
岩五郎は、若い頃から五郎蔵が面倒を見てきた男で、岩五郎も五郎蔵に恩義を感じていた。
岩五郎は卯三郎には何十年も会っていないが、自分を訪ねて来ることがあれば連絡すると約束した。
海老坂一味は、用心深く仕事ぶりも際立つことで鳴らし、配下の者ですら一人として捕まったことがなかった。
平蔵は、何としても与兵衛を捕まえてその面を拝みたいと思う。
そんな矢先の夜遅く、岩五郎の元へ卯三郎が姿を見せた。物音に気付いた妻のお勝(小林綾子)をはぐらかした岩五郎は、卯三郎に握り飯をやる。
それをむさぼった卯三郎は、与兵衛が岩五郎に会いたがっていると明かした・・・。

出演者・スタッフ
<出演者>
中村吉右衛門
多岐川裕美
中村又五郎
勝野洋
尾美としのり
三浦浩一
綿引勝彦
梶芽衣子

田辺誠一
田村亮
<スタッフ>
原作:池波正太郎 「浅草・御厩河岸」(文春文庫刊)
脚本:田村惠
プロデューサー:成河広明、羽鳥健一、佐生哲雄、足立弘平
監督:吉田啓一郎
音楽:津島利章
制作:フジテレビ、松竹株式会社