番組情報
時代劇

<時代劇>『鬼平犯科帳 第7シリーズ』




次回の放送予定

2020年2月3日(月) 19:00~19:55

毎週(月) 19:00~19:55


第13話「麻布ねずみ坂」


 盗賊たちとの長年の闘いで疲れた長谷川平蔵(中村吉右衛門)は、評判の指圧師・中村宗仙(芦屋雁之助)の治療を受けた。六十歳を超えた坊主頭の大男だが、澄んだ瞳が印象的である。治療費は高く五十両から百両も取るが、平蔵からは取らなかった。宗仙は麻布の「ねずみ坂」に住んでいたが、たまたまその家を見た相模の彦十(江戸家猫八)とおまさ(梶芽衣子)は、その質素な暮らしに驚き、「いくら貯めているのか」と思った。
 そのことが火付盗賊改メ方の同心部屋で話題になる。気になった沢田小平次(真田健一郎)は宗仙宅におもむく。金持ちしか相手にしない宗仙には不釣り合いな、剣術使いの浪人石島精之進(中原丈雄)が訪ねて来ていた。調べが進み、石島は大阪の香具師(田中弘史)の使いで江戸に出向いて来たことが分かった。これはただごとではない…宗仙の家には平蔵の配下が張りついた。

出演者・スタッフ
<出演者>
長谷川平蔵:中村吉右衛門
小林金弥:中村歌昇
木村忠吾:尾美としのり
沢田小平次:真田健一郎
三井忠次郎:中村吉之助
竹内孫四郎:中村吉三郎
山崎国之進:中村吉次
おまさ:梶 芽衣子
相模の彦十:江戸家猫八
久栄:多岐川裕美
中村宗仙:芦屋雁之助
お八重:速水典子
石島精之進:中原丈雄
お絹:仰樹枝里
ほか
ナレーター:中西 龍、仁内建之
<スタッフ>
原作:池波正太郎(文芸春秋刊)
企画:市川久夫、鈴木哲夫
プロデューサー:能村庸一、武田功
音楽:津島利章
脚本:櫻井康裕
監督:小野田嘉幹
制作:フジテレビ/松竹株式会社
制作協力:京都映画株式会社








番組概要
 中村吉右衛門の当たり役として、平成元年から平成10年までの10年間で133本放送し好評を得てきた『鬼平犯科帳』。今回は第7シリーズをお届けする。
 いつの世にも悪は絶えない。徳川幕府は火付盗賊改方という特別警察を設けていた。凶悪な賊の群れを容赦なく取り締まる為である。独自の機動性を与えられたこの火付盗賊改方の長官こそ長谷川平蔵。人呼んで鬼の平蔵である。その平蔵の活躍を描いた人気時代劇!