Ⓒ松竹

2020年12月7日(月) 18:05~19:00

<時代劇>『鬼平犯科帳 第2シリーズ』

次回の放送予定

2020年12月7日(月) 18:05~19:00
第6話「雨引の文五郎」

毎週(月) 18:05~19:00

 盗賊の彦蔵(樋浦勉)と手下の伊助(関根大学)らは、雨引きの文五郎という盗賊を必死で探していた。

 彼らは文五郎を見つけ出して殺すつもりだ。それを知った長谷川平蔵(中村吉右衛門)は、盗人間の仲間割れならば両者を泳がせて一網打尽にしようと考える。

 平蔵が文五郎(目黒祐樹)を尾行していると、同じくつけていた彦蔵と伊助が案の定文五郎に体当たりしてくる。そこで、平蔵が中に入ると文五郎と伊助は逃げ、彦蔵だけが捕まった。

 調べにも決して口を割らない彦蔵。平蔵は元密偵で今は病中の老盗賊・勘兵衛(浜村純)を呼び、彦蔵に面通しをさせ、伊勢の盗賊・彦蔵であると知る。

 文五郎の噂は平蔵も聞いていた。盗みはしても人は傷つけず、盗賊ながら見事な男と見ており、一度文五郎に会ってみたいと思っていたのだ。そんな中、役宅に泊まっている勘兵衛が夜中に錠前を開けて彦蔵とともに逃げ出してしまう。しかし、そのことを聞いても平蔵は平然としていた。

 寝こみを襲われた文五郎は、旅篭から逃げたものの狭い路地裏に追い詰められる。そこに、平蔵が現れて…。

出演者・スタッフ

<出演者>
長谷川平蔵:中村吉右衛門
長谷川久栄:多岐川裕美
佐嶋忠介:高橋悦史
山田市太郎:三ツ矢真之
おまさ:梶芽衣子
沢田小平次:真田健一郎
竹内孫四郎:中村吉三郎
山崎国之進:中村吉次
五郎蔵:綿引勝彦
伊三次:三浦浩一
雨引きの文五郎:目黒祐樹
五丁の勘兵衛:浜村純
ナレーター:中西龍
ほか
<スタッフ>
原作:池波正太郎(文芸春秋刊)
企画:市川久夫、鈴木哲夫
プロデューサー:能村庸一 佐生哲雄
音楽:津島利章
脚本:安倍徹郎
監督:高瀬昌宏
制作:フジテレビ/松竹株式会社
制作協力:京都映画株式会社

SHARE