Ⓒ松竹

2020年8月17日(月) 19:05~20:00

<時代劇>『鬼平犯科帳 第1シリーズ』

次回の放送予定

2020年8月17日(月) 19:05~20:00
第15話「盗法秘伝」

毎週(月) 19:05~20:00

 長谷川平蔵(中村右衛門)は、木村忠吾(尾美としのり)を連れて叔母の法要のため浜松へ出向く。その帰り道、旅回りの講釈師に変装した平蔵は、忠吾とも別行動を取る。

 しかし、平蔵を人物と見込んだ商人風の男・善八(フランキー堺)がつきまとう。善八と同じ旅籠に泊まった平蔵は、彼が夜中に黒装束で部屋を出ていくのを目撃。善八は盗賊で、平蔵を仲間に引き込もうとしていた。

 平蔵は、金谷の宿で酒問屋の升屋市五郎(田中弘史)が宿役人の鬼頭堅物(津村鷹志)を買収して悪行をしていると聞く。さらに、別行動を取った忠吾が宿場に入ったのを見て、平蔵は使いをやって駿府の道中奉公宛ての手紙を託す。

 善八は、自分が盗賊であることを名乗り、盗みの秘伝教える相手を探していた、と平蔵に升屋に盗みに入る計画を打ち明ける。升屋に入った善八の身のこなしは見事で、人を傷つけたりもしない。平蔵も立場を忘れて感心してしまうほどだった。二人は、六百両ちかくの小判が入った金箱を蔵から盗み出す。その夜は、旅籠で一杯飲みながら盗賊談義に花を咲かせる。そこに突然、鬼頭堅物の宿改めがあった。

 あわや平蔵が役人たちと一戦、となる寸前に忠吾たちが駆け込んでくる。そこで、忠吾は平蔵の正体を善八に明かし…。

出演者・スタッフ

<出演者>
長谷川平蔵:中村吉右衛門
木村忠吾:尾美としのり
伊砂の善八:フランキー堺
弥吉:吉田将士
おもよ:園英子
米倉半四郎:加島潤
升屋市五郎:田中弘史
市五郎の女房:藤坂有希
鬼頭堅物:津村鷹志
おかね:川村一代
ナレーター:中西龍
ほか
<スタッフ>
原作:池波正太郎(文芸春秋刊)
企画:市川久夫、鈴木哲夫
プロデューサー:能村庸一、櫻林甫、佐生哲雄
音楽:津島利章
脚本:井手雅人
監督:杉村六郎
制作:フジテレビ/松竹株式会社
制作協力:京都映画株式会社

番組概要

 中村吉右衛門の当たり役として、平成元年から平成10年までの10年間で133本放送し好評を得てきた『鬼平犯科帳』。今回は記念すべき第1シリーズをお届けする。

 いつの世にも悪は絶えない。徳川幕府は火付盗賊改方という特別警察を設けていた。凶悪な賊の群れを容赦なく取り締まる為である。独自の機動性を与えられたこの火付盗賊改方の長官こそ長谷川平蔵。人呼んで鬼の平蔵である。その平蔵の活躍を描いた人気時代劇!(全23話)

SHARE