2020年8月30日(日) 26:30~27:00

『口コミで巡るASIAの観光都市~青い空と海に囲まれた宮古島~』

次回の放送予定

2020年8月30日(日) 26:30~27:00

 大小6つの島(宮古島、池間島、来間島、伊良部島、下地島、大神島)で構成されている宮古島。人口は約5万5千人ほどであり気候は年間の平均気温は摂氏23℃、湿度は約80%と高温多湿な亜熱帯海洋性気候にあたる。那覇空港からは飛行機で1時間弱で到着し観光客が更なる美しい海を求めて訪れる場所である。そんな宮古島の海は宮古ブルーと称され“東洋イチ”美しいといわれるビーチがあるほど。そしてその美しさにはこんな秘密も。宮古島には大きな河川が無いことにより濁った水が流れてくることが無い。また島自体が石灰岩で構成されていることにより海水を常にろ過しているため多少の雨でもその美しさを維持することができる。
 宮古島は海だけではなく歴史的伝統も健在。日本三大上布と言われる「宮古上布」は、製造技術が国の重要無形文化財指定にも指定されており苧麻(ちょま)という麻の繊維で作った糸で織られる麻織物で、琉球藍で染めて作られている。夏着物としての需要がメインであり通気性に富んでいて、三代物と呼ばれるほど丈夫で長持ち。食文化は本島と似ているが、そこに宮古島独自の要素も加わっていたりと本島とは一線を画す料理もまた魅力の一つである。

SHARE