2021年10月19日(火) 18:05~19:00

<時代劇>『斬り捨て御免! 第1シリーズ』

次回の放送予定

2021年10月19日(火) 18:05~19:00
第24話「女の敵は地獄に送れ」

毎週(火) 18:05~19:00

 一、二を争う踊り手である美人芸者・駒勇(美川れい子)が殺された。出雲(中村吉右衛門)は下手人の探索に乗り出すが、行く先々で筆頭写力の西崎源四郎(金井進二)に先手を打たれ、手掛かりは何も見つけられなかった。だが、駒勇は親しかった料亭のおかみに「命より大事な品」と言って珍しい“さかとんぼ”(びーどろ玉)を預けていた。また、妹芸者の歌吉(北林早苗)には三年間の念願が叶ったので、もうすぐ芸者をやめるとも語っていたという。小笛(北川恵)は、駒勇が願をかけていた夫婦稲荷を訪ねるが、彼女の書いた絵馬もすでに源四郎が持ち去った後だった。だが境内の茶屋の親爺の話から駒勇が毎月、男に金を渡していたことがわかった。そんな時、歌吉が駒勇殺しの罪で源四郎にひったてられた。歌吉は踊りのことでよく駒勇とぶつかったが、本心では彼女を姉のように慕っていた。出雲は大目付の権限を借りて歌吉の身柄を無事もらいうけることができた。

 その後、駒勇の贔屓だった相馬屋が駒勇の弔いと称して宴会を開いた。そこにはなぜか源四郎と西の丸御留守居役・本多外記も顔を揃えていた。歌吉と踊った小笛は、三人に例の“さかとんぼ”をそれとなくみせた。果して、その夜源四郎はそれを奪おうと小笛を襲った。駒勇が結婚を夢見て金を貢いでいた相手は源四郎だった。そして“さかとんぼ”は源四郎が結婚の約束として与えたものだった。源四郎は駒勇からまきあげた金で同心株を買い、相馬屋や外記の傀儡となって彼らの悪事の便宜を図って出世していた。今度、相馬屋の娘と祝言を挙げることになり、邪魔になった駒勇を殺したのだった。源四郎は下手人捜査とみせかけて証拠いん滅に必死だったのだが、出雲は事件のすべてを見抜いた―。

出演者・スタッフ

<出演者>
花房出雲:中村吉右衛門
関大助:長門勇
宇部伝十郎:川崎公明
勘兵衛:小島三児
小笛:北川恵
歌吉:北林早苗
駒勇:美川れい子
西崎源四郎:金井進二
ほか
<スタッフ>
原作:島田一男
監督:南野梅雄
脚本:津田幸於

番組概要

 このドラマの舞台は、文化文政期の江戸市中899か所に設けられた武家番所の一つ「三十六番所」である。この「三十六番所」とは、幕府の秘密ルートを通して「広く江戸市全体、ひいては徳川治世の社会全般に関する秩序と安寧をはかれ」との特命を受け、管轄を超えての捜査活動や、悪の確認が得られれば「斬り捨て御免!」の特権が与えられた特殊な番所のことである。武家番所の一つ「三十六番所」の最高責任者・花房出雲とその配下が悪の正体を暴く!シリーズ第1弾!(全26話)

SHARE