2020年8月13日(木) 08:55~10:00

<時代劇名作選>『斬り捨て御免! 第1シリーズ』

次回の放送予定

2020年8月13日(木) 08:55~10:00
第13話「江戸を走る通り魔」

毎週(月)~(金) 08:55~10:00

 熊蔵(丹古母鬼馬二)と仁助(高品正広)というチンピラが幕府がフランスから極秘裏に輸入した六連発の新式銃を盗み出した。二人はその銃を使って大店を襲い、駆けつけた同心二人を殺して逃亡した。

 そのころ三味線堀りの三十六番所では頭取の出雲(中村吉右衛門)が大助(長門勇)の五人の娘たちと遊んでいた。隣の女郎屋“一文字屋”にやって来たに熊蔵たちは、外で遊んでいた大助の末娘・さくらをひっとらえ、“一文字屋”に乱入。主人の勘兵衛(小島三児)以下六人を人質に立てこもった。追いかけてきた奉行所の与力たちが多少の犠牲を覚悟で強硬に踏み込もうとするのを出雲は自分の責任において押しとどめた。

 熊蔵たちは逃げようとした女郎のおまちを射殺。万兵衛に手紙を書かせて“越前屋”から百両を要求した。大助の女房・さわ(三島ゆり子)は彼らに食事を運び、そのまま人質になった。そして残りの銃弾があと六発であること知り、隙をみて“六”と書いた紙を櫛につけ窓から放り投げた。

 大助は“越前屋”に金の工面をしに行くが女将のおりんは万兵衛が女郎屋で浮気していたことで怒り、とりつくひまもない。途方にくれて帰ってくると道に落ちているさわの櫛に気づいた…。

出演者・スタッフ

<出演者>
花房出雲:中村吉右衛門
関大助:長門勇
宇部伝十郎:川崎公明
勘兵衛:小島三児
さわ:三島ゆり子
熊蔵:丹古母鬼馬二
ほか
<スタッフ>
原作:島田一男
監督:西山正輝
脚本:鈴木兵吾

番組概要

 このドラマの舞台は、文化文政期の江戸市中899か所に設けられた武家番所の一つ「三十六番所」である。この「三十六番所」とは、幕府の秘密ルートを通して「広く江戸市全体、ひいては徳川治世の社会全般に関する秩序と安寧をはかれ」との特命を受け、管轄を超えての捜査活動や、悪の確認が得られれば「斬り捨て御免!」の特権が与えられた特殊な番所のことである。武家番所の一つ「三十六番所」の最高責任者・花房出雲とその配下が悪の正体を暴く!シリーズ第1弾!(全26話)

SHARE