Ⓒ東宝

2020年7月1日(水) 08:55~10:00

<時代劇名作選>『剣客商売 '73』

次回の放送予定

2020年7月1日(水) 08:55~10:00
第15話「信濃の老虎」

毎週(月)~(金) 08:55~10:00

 秋山大治郎(加藤剛)は、江戸の雑踏の中に、信州の老剣客・山本孫介(小松方正)の姿を発見する。かつて諸国漫遊の途中に立ち寄ってその人柄に啓発され、孫介は大治郎にとって懐かしい人だった。孫介の突然の出府は、江戸見物に出たまま消息を絶った一子・源太郎(佐々木勝彦)の安否を気遣ってのことだった。父・小兵衛(山形勲)に相談すれば何かよい試案が浮かぶかもしれない…大治郎は孫介をひとまず秋山道場に伴う。
 やがて、源太郎の江戸での行動に、同郷の佐倉勝蔵(中野誠也)が何らかの関係があったという事実が知れる。佐倉は、名門森川道場の森川平九郎(稲葉義男)の高弟だった…。

出演者・スタッフ

<出演者>
秋山大治郎:加藤剛
秋山小兵衛:山形勲
佐々木三冬:音無美紀子
目明し弥七:山田吾一
おぬい:木村由貴子
太吉:簾内滋之
小兵衛の妻・おはる:梶三和子
田沼意次:松村達雄
山本孫介:小松方正
山本源太郎:佐々木勝彦
佐倉勝蔵:中野誠也
森川平九郎:稲葉義男
青木数馬:橋本功
生島次郎太夫:長島隆一
語り手:黒沢良
<スタッフ>
原作:池波正太郎
脚本:井出雅人
音楽:山倉たかし
監督:小野田嘉幹
制作:東宝・俳優座・フジテレビ

番組概要

 時は老中・田沼意次全盛時代。無名の剣客・秋山大治郎(加藤剛)が修行の旅より江戸へ戻ってきた。大治郎は父・小兵衛(山形勲)と12年ぶりの再会を果たす。小兵衛は江戸でその名を知られた無外流の達人だったが、今は道場を閉めて、悠々自適の生活を送り、親子ほども歳の違うおはる(梶三和子)を妻にしていた。剣の道一筋の息子・大治郎と、人生を達観した父・小兵衛。同じ剣客でありながらも異なる人生を歩む父子の前に立ちはだかる事件の数々を、2人はどう解決するのか?
 藤田まこと主演で人気を博した『剣客商売』だが、本作が『剣客』初のテレビシリーズ化に当たる。藤田版と異なり、息子の大治郎が主役として描かれている。また池波正太郎の原作にある魅力に加え、ホームドラマや青春もののテイストが取り入れられているのも特徴。加藤剛は当時生まれた息子に大治郎と名づけるほどの入れ込みようで、後に舞台などでも大治郎役を演じている。(1973年・全22話)

SHARE