番組情報
情報・ドキュメンタリー

『愛に生きた女優 市原悦子』


次回の放送予定

2020年1月12日(日) 18:00~19:55


2019年1月12日、急逝された女優・市原悦子。
「家政婦は見た!」などのドラマや映画、「まんが日本昔ばなし」でのナレーションや朗読劇に至るまで、その唯一無二の存在感で、50年以上に渡って活躍してきた。今回、番組では女優・市原悦子の知られざる素顔を紹介するため、市原が晩年病床の下で綴った「本音」をまとめて作られた「白髪のうた」に着目。市原の言葉を、彼女とゆかりのある人たちに朗読してもらい、当時の映像や写真と併せて、その裏にあるエピソードも語ってもらう。そしてもうひとつ、脚本家・早坂暁の遺稿の一部を紹介。早坂が市原を念頭に企画した、「最愛の夫・塩見を亡くした市原が、四国八十八ヶ所を回る遍路ばなし」。残された脚本をもとに、この物語に込められた早坂・市原の想い、市原・塩見の夫婦関係などを、市原の人生の鍵となる要素と共に読み解く。

◆「ひとりごと」/「白髪のうた」朗読・インタビュー
市原が自身の半生を語った「ひとりごと」と、病床時に想いを赤裸々に綴った「白髪のうた」。
市原と共演した人たちの朗読で甦る、彼女の言葉とエピソードとは。
出演者:大方斐紗子/荻野目慶子/辰巳琢郎/紺野美沙子ほか

◆貴重な資料から読み解く、市原悦子の知られざる素顔
映画「蕨野行」で共演した女優・清水美那が、誰も手をつけていない市原の部屋に入り、貴重な資料を紹介。知られざる市原悦子の素顔を紹介する。
残された台本とメモ書きから、市原悦子の仕事感と人生の原風景を辿る。

◆早坂暁先生の遺稿「市原悦子 涙の遍路ばなし」
脚本家・早坂暁が市原悦子を念頭に作ろうとしていた作品「市原悦子 涙の遍路ばなし」。未完のまま残されていた冒頭10ページの原稿をテレビ初公開。二人が描きたかった「遍路」にまつわる物語、その全貌に迫る。

◆ミッキー吉野と辿る「里山ツアー」
市原と一緒に「最期の地」を探し歩く「里山ツアー」をしたミッキー吉野。
そのツアーの一部を追想し、「樹木葬」へのこだわり、死生観、夫婦愛など、晩年の知られざる市原の様子を紹介する。

出演者・スタッフ
<出演者>
語り:石橋蓮司