2022年7月17日(日) 12:00~13:55

<サンデードキュメンタリー>『英雄たちの花道~中村勘太郎 歴史の名場面をゆく~』

次回の放送予定

2022年7月17日(日) 12:00~13:55

歌舞伎の名門「中村屋」の若きホープ、三代目・中村勘太郎11歳。去年2月には、父・中村勘九郎と歌舞伎座の大舞台で、史上最年少の「連獅子」を見事に演じ切った成長著しい注目の存在だ。勘太郎には実はもう一つの顔が…それは「小さな歴史学者」。日本の歴史上の人物、特に戦国時代の武将についての知識は大人も舌を巻くほど。そんな勘太郎が、歌舞伎役者ならではの視点も交えて、歴史上の英雄たちの秘密と“名場面”に想いを巡らせる発見の旅路を行く!

今回、勘太郎が選んだ“英雄”は…大好きな「武田信玄」、そしてエピソード溢れる「豊臣秀吉」。一緒に秘密を探るのは、元高校教師でそのユニークな解説がテレビでも人気の歴史作家・河合敦氏。そしてフジテレビ・西山喜久恵アナウンサーが“お供”を務める。果たして2人の戦国武将を巡る仰天エピソード、さらには「えっ!」と驚く新説を見つけられるのか?

中村勘太郎初の冠番組、そしてニッポンの新しい歴史紀行番組をお届けする。

【信玄ゆかりの山梨へ】
“史上最強”とも評される戦国武将・武田信玄。勘太郎はその強さのみならず、巧みな戦術と治政、そして支えた側近たちをも大好きだという。歌舞伎でも、信玄や勝頼、上杉謙信が登場する人気の演目「本朝廿四孝」など、武田をめぐるエピソードは非常に多い。
そんな信玄と武田家の足跡を追って、信玄の菩提寺・恵林寺やそこに眠る武田の宝物、また甲斐の国を強くしたと言われる治水事業「信玄堤」などの名跡をめぐる。

【京都・姫路で秀吉に思いを馳せる…】
時代の運命に揉まれながら天下統一を果たした豊臣秀吉もまた、人々に愛され、様々なエピソードが残る歴史のヒーローだ。秀吉の出世ストーリーを描いた“太閤記物”は歌舞伎でも人気が高い。勘太郎は、父・勘九郎や祖父・勘三郎も演じてきた秀吉の足跡をたどり、戦国動乱期に秀吉が拠点とし、後に「出世城」と呼ばれる姫路城へ。そして太閤さまと呼ばれるようになってから大坂夏の陣で豊臣が滅びるまで、さらに妻・ねねにまつわる逸話を追って、京都・高台寺と北野天満宮を訪ねる。

【愛する「刀剣」探究に弟・中村長三郎も参戦】
旅の合間に都内で訪れたのは墨田区にある「刀剣博物館」。展示されているのは、千年を超え日本の歴史を見守ってきた宝剣の数々だ。「鬼滅の刃」や「刀剣乱舞」のみならず若者の間に続く“刀剣ブーム”が訪れているのは勘太郎だけではなかった。弟の二代目中村長三郎も“刀”の虜に。「お兄ちゃまのお仕事を見に来た」と言いながら、日本刀の展示や組み立て技に目を輝かせる長三郎も、ノリノリの体験リポートで“緊急参戦”してくれた。

【クイズ大好き!勘太郎が「突然ですがここでクイズです…」】
旅の端々で出されるのは「勘太郎クイズ」。実は普段から周りの大人たちに「問題です!」とクイズを挑み掛ける勘太郎が、オリジナルの「秀吉クイズ」「信玄クイズ」を準備。視聴者の皆さんにも考えて楽しんでいただく。

出演者・スタッフ

<出演者>
中村勘太郎
中村長三郎
歴史作家・河合 敦 ほか
西山喜久恵(フジテレビアナウンサー)
<スタッフ>
ナレーション 立本信吾(フジテレビアナウンサー)
企画・協力:ファーンウッド/田中 亨
ディレクター:花枝祐樹
プロデューサー:西村 朗/今野貴之/後藤 博
制作:フジテレビジョン/共同テレビジョン
制作著作:BSフジ/フジテレビジョン

SHARE