Ⓒ日本映画放送

2024年5月29日(水) 18:30~19:25

<時代劇>『御家人斬九郎 第5シリーズ』

次回の放送予定

2024年5月29日(水) 18:30~19:25
第8話「乱調麻佐女」

毎週(水) 18:30~19:25

 鼓の名手である、斬九郎(渡辺謙)の母・麻佐女(岸田今日子)は、富裕な両替商・高田屋徳右衛門(神山繁)が後妻をもらうことなったので、その祝言の席で鼓を披露してくれないかと頼まれる。礼金を目当てに麻佐女は引き受けることにする。
 鼓と合わせる笛の吹き手を、麻佐女が選ぶことになった。一番の上手は庄三郎(林与一)という男だったが、麻佐女は「音色に険がある」と認めない。しかし、美男でやさしい庄三郎から熱心に頼まれ考えを変える。麻佐女はまるで若い娘のように胸がときめくのを感じていた。
 斬九郎は麻佐女と庄三郎が親密になるのに気をもんだ。ある夜、庄三郎に会うが、そこへ覆面の男たちが襲って来る。斬九郎は、庄三郎の身のこなしが修羅場になれていたのを見逃さなかった。
 そして、高田屋の祝言の日…麻佐女と庄三郎の鼓と笛は良い出来だった。だが、そのにぎわいの中で盗賊が入り、蔵から二千両の金が盗まれてしまう…。

出演者・スタッフ

<出演者>
松平斬九郎:渡辺謙
蔦吉:若村麻由美
麻佐女:岸田今日子
高田屋徳右衛門(神山繁)
ほか
<スタッフ>
企画:能村庸一 西岡善信
原作:柴田錬三郎
音楽:佐藤勝
脚本:金子成人
監督:井上昭
ほか

番組概要

 渡辺謙が97~98年に主演した痛快娯楽時代劇。原作は『眠狂四郎』などで知られる時代小説の雄・柴田錬三郎で本作は“明るい狂四郎”と言われている。旧大映の流れを組む映像京都が作り出す映像美は必見!
 さらに音楽は、黒澤明の『用心棒』などで知られる映画音楽の巨匠・佐藤勝が手がけ、その味わいをより一層深いものとしている。時代劇の醍醐味である渡辺謙のキレのある殺陣、そして母親とのコミカルでアットホームなやりとり、さらに蔦吉との恋模様をつめ込んだスーパーエンターテインメント時代劇!ソフト化されてないので、この機会に是非観てほしい傑作だ。今回はその第5シリーズ(ファイナルシリーズ)を放送!(全10話)

SHARE