Ⓒ日本映画放送

2020年5月27日(水) 19:00~19:55

<時代劇>『御家人斬九郎 第5シリーズ』

次回の放送予定

2020年5月27日(水) 19:00~19:55
第5話「ゆうれい長屋」

毎週(水) 19:00~19:55

 貧乏には慣れた斬九郎(渡辺謙)だが、母親・麻佐女(岸田今日子)の食い道楽が悩み。ついに堪忍袋の緒が切れ、屋敷を出て長屋で一人暮らしを始めた。家賃がめっぽう安いのには理由があって、幽霊が出るという噂だ。
 夜、土間から男女のささやき声が聞こえてくる。しかしその声の正体は幽霊などではなく、宗近右近(筒井巧)と桜井千鶴(佐藤友紀)という、どちらも七千石の旗本の息子と娘だった。二人は許嫁だが、ある有力者が美しい千鶴に横恋慕して、その意を受けた醍醐三郎(三浦洋一)という侍が二人の仲を割こうとしていた。斬九郎は芸者の蔦吉(若村麻由美)の力も借りて、醍醐の陰謀をはばもうとするが…。

出演者・スタッフ

<出演者>
松平斬九郎:渡辺謙
蔦吉:若村麻由美
麻佐女:岸田今日子
ほか
<スタッフ>
企画:能村庸一 西岡善信
原作:柴田錬三郎
音楽:佐藤勝
脚本:田村惠
監督:三村晴彦
ほか

番組概要

 渡辺謙が97~98年に主演した痛快娯楽時代劇。原作は『眠狂四郎』などで知られる時代小説の雄・柴田錬三郎で本作は“明るい狂四郎”と言われている。旧大映の流れを組む映像京都が作り出す映像美は必見!
 さらに音楽は、黒澤明の『用心棒』などで知られる映画音楽の巨匠・佐藤勝が手がけ、その味わいをより一層深いものとしている。時代劇の醍醐味である渡辺謙のキレのある殺陣、そして母親とのコミカルでアットホームなやりとり、さらに蔦吉との恋模様をつめ込んだスーパーエンターテインメント時代劇!ソフト化されてないので、この機会に是非観てほしい傑作だ。今回はその第5シリーズ(ファイナルシリーズ)を放送!(全10話)

SHARE