Ⓒ日本映画放送

2020年7月8日(水) 19:05~20:00

<時代劇>『御家人斬九郎 第1シリーズ』

次回の放送予定

2020年7月8日(水) 19:05~20:00
第3話「姉の宿下り」

毎週(水) 19:05~20:00

 貧乏御家人の松平斬九郎(渡辺謙)の姉・粂女(香山美子)は、一橋家に奉公に行っている。その粂女が、お宿下りで帰ってくるという知らせがあった。斬九郎の母・麻佐女(岸田今日子)は驚いて斬九郎を呼んだ。格式高い一橋家となると、親類や近所への土産、屋敷に戻るときには朋輩衆への土産が必要なのだ。そのためには四十両もの金がいる・・・。麻佐女は斬九郎に、「姉を思う気持ちがあるなら金を稼げ」と命じた。
 その頃、江戸では凶悪な押し込み強盗が犯行を続けていた。斬九郎は押し込みに怯える糸問屋に行き、十両で用心棒になるが・・・。
 

出演者・スタッフ

<出演者>
松平斬九郎:渡辺謙
蔦吉:若村麻由美
西尾伝三郎:益岡徹
佐次:塩見三省
松平須美:吉沢梨絵
西尾るい:唐沢潤
おえん:奈月ひろ子
よね:松村康世
新六:橋本潤
東八:喜多村英三
喜助:牧冬吉
渡辺左馬之助:谷口高史
おもん:長野いずみ
沢口源五右衛門:椎名健治
丑寅:渡辺哲
助三:深見亮介
玉八:悠玄亭玉八
上州屋吉兵衛:三遊亭圓窓
鹿乃屋与市兵衛:佐古正人
油屋藤五郎:山本清
粂女:香山美子
ほか
<スタッフ>
企画:能村庸一 西岡善信 香取雍史
プロデューサー:遠藤龍之介 酒井実 西村維樹
原作:柴田錬三郎
脚本:金子成人
音楽:佐藤勝
監督:富永卓二
企画協力:円企画
制作:フジテレビ 映像京都

番組概要

 俳優・渡辺謙が95年に主演した人気作。名門の家柄だが、今は末端の貧しい御家人である松平残九郎、通称"斬九郎"(渡辺謙)は、用心棒から首斬りまで数々の裏稼業を請負いながら、グルメな母親・麻佐女(岸田今日子)を養う身である。母には頭が上がらず、気っ風の良い深川芸者の蔦吉(若村麻由美)とは相思相愛の間柄ながらも今一歩進展しない斬九郎が、弱い者や正しい者には味方となり、豪快な太刀さばきで悪を討つ痛快娯楽時代劇!
 原作は『眠狂四郎』などで知られる時代小説の大家・柴田錬三郎であり、本作は“明るい狂四郎”とも称された傑作。細部の演出までこだわり、作品中の音楽は黒澤明の『用心棒』などで知られる映画音楽の巨匠・佐藤勝が手がけ、また映像京都が作り出す映像は旧大映の流れを汲む味わい深い美しさとなっている。
 もちろん、時代劇の醍醐味である殺陣も大迫力!渡辺謙が豪快かつキレのある太刀筋を惜しみなく披露している。そして母親とのコミカルでアットホームなやりとり、さらに、蔦吉とのもどかしい恋模様もつめ込んだ、とにかく見どころ満載の作品。今回はその第1シリーズを放送!(全8話)

SHARE