2020年4月12日(日) 27:00~27:55

『第28回FNSドキュメンタリー大賞』

次回の放送予定

2020年4月12日(日) 27:00~27:55
「尾畠春夫 人生は恩返し ~スーパーボランティアと呼ばれた男~」

2018年8月、山口県で行方不明となった2歳の男の子を無事救助し、一躍時の人となった大分県日出町の尾畠春夫さん(79)。TOS・テレビ大分では8年にわたり取材し続けていて、「人の役に立ちたい」という尾畠さんのひたむきな思いを見続けてきた。
いつも明るく振る舞う尾畠さんだが、実は貧しい家の事情で子供の時に農家へ奉公に出された苦労人。それでも、人の親切に触れて成長し、営んだ鮮魚店は地元の人たちに愛されてきた。趣味の山登りがきっかけで登山道整備のボランティアを始め、そこで培った経験がやがて災害ボランティアに生かされていく。自分を助けてくれた社会に恩返しをという思いが尾畠さんを支援に駆り立てる。
男の子の捜索以降、尾畠さんの生活は一変。多くの人から称賛され、取材も殺到した。ただ、脚光を浴びるのは人生で初めての経験。自分のペースが保てないいら立ちもあった。それでも尾畠さんはこれまで通りを貫こうとする。
夢に挑戦する気持ちも変わりはない。2019年1月には東京から大分までのおよそ1100Kmの徒歩の旅に挑んだ。ただ、「スーパーボランティア」の挑戦に世間の関心は高まり、沿道には人が殺到。混乱を避けるため、尾畠さんは旅を1か月余りで断念せざるを得なかった。旅の目的は「子供たちの幸福を願って歩く」ということ以外、多く語らなかった尾畠さんだったが、番組では真の思いが明らかとなる。

恩返しに生きる尾畠さんの半生をTOSの秘蔵映像や関係者の話、取材を続けてきたディレクターの思いを交えて伝える。災害が相次ぐ今だからこそ、尾畠さんの姿を通して得られる教訓とは。

<制作>テレビ大分

出演者・スタッフ

<ナレーター>
野島亜樹(テレビ大分アナウンサー)
<スタッフ>
ディレクター・撮影・語り:白井信幸
撮影・編集:荒木崇史
プロデューサー:小野宏治

番組概要

<今後の放送スケジュール>
4/19「傾き続ける我が家~がんばるべぇ さとづか~」 制作:北海道文化放送
4/26「なぜ 結愛ちゃんを救えなかったのか~目黒・虐待死事件~」 制作:フジテレビ
5/ 3「見知らぬ棘~アスベスト・中皮腫患者の闘い~」 制作:関西テレビ
5/10「豊かさの行方~障害者支援施設はイマ~」 制作:テレビ静岡

SHARE