テーマ<体験をデザインする ~ウェブデザイン~>
田中耕一郎

ゲスト:田中耕一郎

クリエイティブ・ディレクター

1973年生まれ。
慶應義塾大学環境情報学部卒。広告制作会社TYOを経て、2004年にProjectorを設立。CUPNOODLE FREEDOM PROJECT、BEYES表参道ヒルズ店インタラクティブインスタレーションなど、独創的なインタラクティブプロジェクトで広く注目を集める。
国内外の広告賞受賞歴多数。2007年から手がけているUNIQLOのブログパーツプロモーション「UNIQLOCK」は、世界の3大広告祭すべてのインターネット部門でグランプリを勝ち取り、中でも、「カンヌ国際広告祭」のメディアの枠を超えてアイデアを審査する「チタニウム部門」でグランプリを受賞。「単なるウェブサイトではなく、新しいメディアを作った」と高い評価を受けた。

●UNIQLOCK
時計、ダンス映像、音楽を融合した表現フォーム。全世界ブログユーザーとUNIQLOをダイレクトにつなぐメディア。24時間オールシーズン再生されつづけるUNIQLOウェアのプレゼンテーション。ユーザーの広がりを視覚化し、共有感覚/参加感覚を引き出すインターフェイス。ウェブサイト、ブログ(パーツ)、デスクトップ(スクリーンセイバー)、UNIQLOストア(インスタレーション)、屋外メディア、テレビメディアへと拡張し得るメディアニュートラルなアイデアの枠組み。これら全てを括る唯一の言葉と体験。
ルーフェン(生ゴミ処理機)
ルーフェン(生ゴミ処理機)
訪れた東急ハンズ新宿店で、小林は、ポップな色使いがカワイイ小さな箱に目を止めた。
実は、韓国のある主婦が、どこでも置けるような小型サイズでデザインもおしゃれなものが欲しい、と考案した生ゴミ処理機。一見してそれとは分からない洗練されたデザインながら、最大500gの生ゴミを、温風で乾燥させて体積をおよそ5分の1にまで減量することができる。また、乾燥中の生ゴミ特有の臭いも、背面に設置された脱臭炭フィルターで軽減。乾燥した生ゴミは、肥料としても再利用できる。コンパクトで手軽に使える生ゴミ処理機が家庭から出るゴミの量を減らし、エコライフを楽しくする。

株式会社INCOS
東京都千代田区外神田6-16-9 オガタビル2F
Tel:03-5812-5263
Fax:03-5812-5266


東急ハンズ新宿店
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 タイムズスクエアビル
Tel:03-5361-3294

http://www.tokyu-hands.co.jp/shinjuku.htm