テーマ<くらしの中のデザイン ~昭和のデザイン~>
泉 麻人

ゲスト:泉 麻人

コラムニスト

慶応義塾大学商学部卒業後、東京ニュース通信社に入社。「週刊TVガイド」「ビデオコレクション」の編集者を経てフリーに転身した。
若者文化、レトロカルチャー、東京風俗などをテーマにし、若者向けの雑誌を中心に原稿を書く傍ら、コメンテーターや司会者としても活躍している。主に、東京を中心とした昭和風俗や、レトロカルチャーに関する書物を多数執筆するなど、東京風俗のオーソリティーとして昭和の風景を文字にしたため続けているコラムニスト。主な著書に、『ナウのしくみ』『B級ニュース図鑑』『東京23区物語』、『地下鉄の友』などがある。

メガネ
衣装

●泉さんの昭和コレクション
レトロな広告デザインを検証するため泉さんが持ってきたのは、泉さんが生まれた頃の新聞の折込み広告。もともとは、泉さんの母親が集めていたのを引き継いだのだという。
「母親が、お菓子の缶に入れて集めてて」と、その缶ごと取り出して中の広告を広げて見せる。「こういうくすんだ発色は、今は出せないよね」としみじみ。
パイオニア ショールーム
パイオニア ショールーム
オーディオ機器がずらりと並ぶ、パイオニアのショールームに足を踏み入れた小林。実はここに、ウィスキーの熟成に使われた樽材を使ったスピーカーがあるのだという。
もともと、樽用に切り出される板は、数量の限られた贅沢な貴重品。その希少価値の高い樹齢100年を超えたホワイトオークの木を、さらに50年以上熟成に使用しており、その後、スピーカーのキャビネットとして利用。伐採されたばかりの木では再現できない、ピュアな響きとまろやかな音が人気なのだとか。木として、樽として、スピーカーとして…。ウィスキーを育んだ年月が、薫り高く柔らかな円熟の音色を奏でる。

パイオニア株式会社
 カスタマーサポートセンター:
  0120-944-222(フリーコール)
  03-5496-2986(一般電話)
  03-3490-5718(FAX受付)

 営業時間
  月曜~金曜 9:30~18:00
  土日・祝日 9:30~12:00、13:00~17:00

http://pioneer.jp/support/