テーマ <未公開&傑作トークスペシャル>
佐野研二郎

ゲスト:浅葉克己

アートディレクター

1940年神奈川県生まれ。
19歳より5年間、佐藤敬之輔タイポグラフィ研究所において文字設計の修業を重ねる。1969年ライトパブリシティ入社。
1975年浅葉克己デザイン室を設立。以後アートディレクターズとして日本の広告デザインの一線で活躍。

主なクライアント、代表的なコマーシャルの仕事に、武田薬品(アリナミンA)、サントリー、西武百貨店、セゾングループ、日清食品(カップヌードル)などがある。 1987年東京タイポディレクターズクラブを設立。本格的なタイポグラフィの運動を再開する。会長として同クラブの活動を推進する他、アジアの多様な文字文化に着眼し、フィールドワークを経て文字と視覚表現の関わりを追及している。

テーマ <未公開&傑作トークスペシャル>
祖父江慎

ゲスト:祖父江慎

ブック・デザイナー

59年愛知県生まれ。
よくわからないまま、愛知県立旭丘高校美術科卒業。浪人中に味岡伸太郎氏に出会い、多大なる影響を受ける。多摩美術大学グラフィックデザイン科在学中に(株)工作舎で働きはじめ、そのまま大学中退。87年、同社を退社し、秋元康氏が設立した(株)フォーセールの期間限定アートディレクターを1年間勤める。88年、フリーランスとなり、その後、事務所名を「コズフィッシュ」と命名。現在までに、約1600冊もの装丁を手掛ける。

ブックデザインの世界でもっとも強烈な光を放ち、本作りの常識から軽妙に外れたデザインで注目を集める。すべての印刷されたものに対する並はずれたパワーを持ち、幅広く活躍中。

テーマ<未公開&傑作トークスペシャル>
福田繁雄

ゲスト:福田繁雄

グラフィックデザイナー

1932年、東京生まれ。
人間の眼に起こる錯覚を利用した作風から、「日本のエッシャー」とも称される。
もともとは漫画家を目指していたが、東京藝術大学美術学部図案科卒業後、会社勤務を経て59年にフリーのグラフィックデザイナーとして独立。明快に単純化された形態に、ユーモア溢れるデザインを融合させた作品の数々。日常見慣れた情景から切り取られたモチーフ は、福田の指揮の下、変幻自在に変化し、観る者を魅了する。
日本万博式ポスター制作、 ワルシャワ国際ポスタービェンナーレ金賞、芸術選奨文部大臣新人賞、通産大臣デザイン功労賞など受賞多数。 また、97年紫綬褒章、01年に岩手県県勢功労賞とニューヨークSVAマスター賞、04年には岩手日報文化賞を授与された。

テーマ<未公開&傑作トークスペシャル>
奥山清行

ゲスト:奥山清行

カーデザイナー

1959年、山形市生まれ。
武蔵野美術大学を卒業後、世界のカーデザイナー登竜門として名高い米国・アート・センター・カレッジ・オブ・デザインに学ぶ。
ゼネラルモータース社、ポルシェ社を経て、イタリアの名門デザインスタジオ、ピニンファリーナ社へ。チーフデザイナーとして、創業者の名前を冠する「エンツォ・フェラーリ」や、マセラティ・クアトロポルテなど世界の名車と言われるカーデザインを担当。特に「エンツォ・フェラーリ」については、「イタリア人以外で初めて、かつ、現在までで唯一フェラーリをデザインした男」として世界的に有名。
現在では、マーケティングや商品企画まで含めた各種工業デザイナーとして才能を発揮。このほかに講演や執筆など、活動範囲は多岐に渡る。

テーマ<未公開&傑作トークスペシャル>
リリー・フランキー

ゲスト:リリー・フランキー

イラストレーター

1963年、福岡県生まれ。
武蔵野美術大学卒業。エッセイスト、小説家、絵本作家、イラストレーター、アートディレクター、コラムニスト、作詞・作曲家、構成・演出家、フォトグラファーと、表現者として、これほどさまざまなジャンルで活躍している人は少ない。
著書に、「美女と野球」「日本のみなさんさようなら」、「ボロボロになった人へ」など。自身と両親との月日を綴った初の長編小説「東京タワー オカンとぼくと、時々オトン」は、200万部を超える大ベストセラーを記録し、ドラマ化、映画化、舞台化と社会現象にまでなった。絵本「おでんくん」は現在テレビアニメ化され、子どもたちにも絶大な人気を誇っている。

テーマ<未公開&傑作トークスペシャル>
安齋肇

ゲスト:安齋肇

イラストレーター
アートディレクター

1953年、東京生まれ。
75年に桑沢デザイン研究所デザイン科修了し、デザイン集団「グラフィック・ツアー・スーパーマーケット」を設立するも、半年後に解散。翌年、麹谷・入江デザイン室(現・株式会社ケイプラス)に入社する。
78年からSMSレコード(現在は撤退)デザイン室に勤務し、ジャケットデザインなどの音楽に関するデザインを始める。82年、CO-MIX(コミックス)設立。
また、92年からは、ソラミミストとしても活躍する。レコード・CDジャケットやツアーパンフレットなど音楽に関するデザインワークから、キャンペーンやイベントのキャラクターデザイン、アニメーションや映像制作、CMナレーションと神出鬼没で、さらに映画やテレビで演技したりと幅広く活動中。また、個展・グループ展主催なども手掛ける。みうらじゅん氏との「勝手に観光協会」や「チョコベビーズ」では、音楽活動も行っている。