第22話

ユ・バンは自分で探し出した裏の契約書とウヒの友人から仕入れた殺人の証拠をパク検事に提出し、これによってモ・ガビはチン・シファン会長殺人の容疑者として緊急逮捕される。しかし、健康上の理由を装い捜査から抜け出そうとする間、チョナグループは結局1次不渡りの危機に置かれ、ユ・バンとヨチがチョナグループの投資者として乗り出すとモ・ガビは憤る。様々な手口で捜査から抜け出そうとするモ・ガビ。モ・ガビの息の根を止めるには失踪したウヒの証言が必要となり、ユ・バンとハンウは懸命にウヒを探すが…。